株で稼ぐにはコツコツ続けること

書店に行けば、短期間で大金を稼げる投資手法をうたった本はたくさんありますが、それらのほとんどは大きなリスクを伴い、技術的にも難しいものです。それよりは、地道に、毎日投資の実践を積み重ね、少しずつ利益と投資経験を積み重ねる人の方が、長期的にずっと稼ぐことができる人なのです。

株で稼ぐときのツイッターの活用法

ツイッターなどのSNSはその情報の多さやスピードから、有望な銘柄を見つける大きなヒントが詰まっています。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどは投資の情報収集としてどんどん活用していきましょう。ただし、ネット情報は鵜呑みにしないように注意が必要です。

株で稼ぐには投資脳を育てよう

株価の大きく上がる会社の商品のほとんどは身近なものの中にあります。フリクションボールペンや、スマホゲームのパズドラなどがその例です。このことから、株で稼ぐにはセンスではなく、身近で流行っているモノへのアンテナを常に立て、将来的に株価のあがる商品やサービスを出している会社を見つける能力が必要なのです。ですから、株で稼ぐチャンスは誰にでも、あるのです。

景気が悪くても株は稼げる

日本の景気は日経平均株価はと連動していて、日本の景気が悪いときは多くの会社の株かは下がります。しかし、景気が悪いときでも株価の下がりにくい、“不景気に強い株”という株もあります。このことからいえることは、株を始めるのにその時の景気のよしあしはあまり関係ないということです。それを心配するよりもまず、最初の一歩を踏み出すことが大事なのです。

株で稼ぐには天候情報も見逃せない

清涼飲料水やビールが夏にたくさん売れるように、特定の季節だけよく売れる商品があります。そしてこの季節性のある商品を扱う銘柄を季節性銘柄といいます。季節銘柄は、株価上昇のタイミングを上手く測れば大きく稼げますが、そのぶん買うタイミングには十分に注意が必要です。