株式投資の買い注文の出し方

株式銘柄の買い注文を知ろう


株式投資の知識はだいぶ蓄積したけど、まだ実戦には至っていない。
そんな人のために今日は、株式投資の買い注文について書きます。

これを読んで、株式投資がより現実的に臨場感を持って感じられれば、株式投資のスタートを切るよいきっかけになると思います。

銘柄選定も、リスク管理も、利益確定も、知識だけではただ絵にかいた餅!実践ありきです。


それでは、買い注文を出していきましょう。

注文を出すにはまず、証券サイトで買いたい銘柄の名前か銘柄コードを入力して、銘柄ごとの注文画面を表示します。

今の株価や注文状況を参考に買いたい値段を決める


銘柄をの買い注文をする前にまず、現在の株価をチェックしましょう。
現在の株価はいくらか?
銘柄に対するほかの投資家の注文の入り具合はどうか?

などを見ます。
株価チャートも必ず見るようにしましょう。

これらの情報をもとに、いくらで注文を出すのかを最終決定していきます。
それが決まったら、いよいよ注文です。

株式銘柄は基本的に「指値」で注文


株式投資の注文方法はすごく簡単です。
慣れればほんの数秒で完了してしまいます。
注文時に入力するのは主に3つ。

ひとつ、何株注文するのか。買う数量です。
ふたつ、いくらで注文するのか。買いたい値段です。
みっつ、この注文の有効期限。いつまで取引が有効か。


株は銘柄ごとに100株、1000株などの「売買単位(単元株数)」が決められています。
この単位ごとのセット販売が基本なので、たとえば売買単位が100株の場合は、注文は100株か200株か、300株か…100株の整数倍になります。

200株欲しい場合はフォームに「200」と入力します。

今は注文時に銘柄情報とともに売買単位も出るし、必要額も概算ですが、出ます。
数量入力も、売買単位に沿ってしか入力できないので簡単に注文できます。

株式銘柄注文時は入力ミスに注意!


ただし、くれぐれも入力間違いには注意しましょう。

100株買うつもりが、ケタを間違えて1000株買ってしまって、資金を大量に使ってしまったということは意外と起こります。

これをやってしまうと、運よく株価が横ばいもしくは上昇したなら結果オーライですが、買ってその後に下落が続けば大きな損失になります。


これは買いにも売りにも言えますので十分注意をしておきましょう。
買う前に、必ず取引内容の最終確認ページが出るので、そこで確実に株数・金額をを確認してください。

もし間違っても取り消しは基本的に可能ですが、やはり最初にキチンと確認することが基本です。