株で稼ぐってどういうこと?

株式投資とは


将来のために、老後のために、収入を増やすために株を始めたい!
…でも株ってそもそも何?

最初はみなさんそこからですよね?僕ももちろんそうでした。
株の「か」の字も知らない状態からのスタートです。

株というのは、その発祥は東インド会社という会社の…と、株の歴史そのものからまるっと伝えることもできますが、それはまた後日。
いま知りたいのはそこじゃないですよね(笑)

株式投資とは、ひとことで言えば企業がお金を集める手段です。

あなたは会社にお金を出して(出資)、会社の「株」を得ます。
その時からあなたは立派な株主であり、投資家になります。

株主は、企業が企業活動によって得た利益を定期的に受け取れます。
そのカタチは、株そのものの売却利益や利益の配分としての配当、株主に対する贈り物である株主優待まで様々です。

その会社の業績が絶好調で利益をたくさん稼げれば、利益がその分だけ株主である投資家にも「分け前」として分配されます。

株価はなぜ上がる?


あなたが株という形で投資した会社が、順調に利益を出している優良会社なら、「オレも株を買って投資して稼げたい!」という人が増えます。

「僕も!」「わたしも!」「わしも株を買うぞ!!」

そうして株を買いたい人が増えると、株の値段(株価)がだんだん上がります。
なぜ値段が上がるのか?それは、株を買いたい人がたくさんいても、会社の発行する株は数が限られているからです。

株の数が限られているので、誰かの提示した値よりも高い値で買いたいという人がいたら、その人が買えます。

そうして株の値はどんどん上がっていきます。

例えば、あなたが買った株が最初は500円だとします。それから時間とともに、会社が利益を得ると、あなたもその利益を分配されて受け取れます。

それを知った人が、この会社はこれからまだまだ成長しそうだ、利益がもらえそうだと感じて、株を買いたがります。

決まった株数に対して買いたい人が多ければ、何とか株を手に入れようと、より高い値段で買う人が出てくるので、株価は上がっていきます。

そうしてあなたが買った500円の株はやがて550円になり、600円になり、1000円になりとどんどん上がっていくのです。これが株価の上がる仕組みです。

もちろん業績が好調であれば、その逆もあります。

株式投資で稼げる利益


株は、買うこともできるなら売ることも、もちろん可能です。
ということは、株価が上がって、買った時よりも高い値段で売れれば、その差額は利益になります。

さっきの例で、500円で買った株を1000円になった時に売れば、差額500円が利益になります。これを株の売却益と言います。

これが、株式投資で得られる基本的な利益のカタチです。

この他にも、定期的に株主に分配される営業利益の配当や、株主に対するお礼としての株主優待などがありますが、それはまた別の記事でも書いていきます。