株は時間がない人でも稼げる

株は時間がないと稼げないという誤解

前回は「株はお金持ちでないとできない」という誤解を解き、株は誰でも気軽にチャレンジできるものということを書きました。
復習します。
株は以前よりずっと低資金で始められる環境になっていて、最低限必要となる資金はとても少額になっています。

そして、今後もさらに株は始めやすくなる環境になっていきます。

さて、今日はテーマを変えて「株は時間がないとできない」という誤解について解説していきます。

株で稼ぐのに必要な時間はザックリ2種類

株を始めたいけど、なかなか最初の一歩を踏み出せない人の理由(あるいは言い訳?)必ずと言っていいほど出てくるのが「株をやる時間がない」です。

仕事や家事・育児・趣味、忙しい毎日の中で、株に費やす時間が取れないのではないかという心配があるようです。

株をするのに必要な時間は、ざっくり分けて2種類です。

それは株を売買するための時間と、銘柄選びの時間です。

株を売買する貯めの時間は、何を買うかさえ決めてしまえば、ネットで注文するだけなのでほんの一瞬で済みます。もちろん、どこかに出かける必要もありません。

注文のタイミングも、ネット証券であれば24時間好きなタイミングで構いません。会社の昼休みとか、一日の終わりの落ち着いた時間とかですね。

たとえば、あなたがA株を1000円で100株買いたい場合、その通りの注文を出しておけば、A株の株価が1000円になったタイミングで出しておいた注文が発動され、自動的に100株買いつけてくれます。

自動注文なので、うっかり買い忘れることも間違った価格や数量で買う心配もありません。

逆に売りたいときは、B株が1000円になったら100株売りたいという注文を出しておけば、自動的に希望のタイミング・条件で売ってくれます。

株の自動売買なら毎日株価をチェックしなくてもいい

このようにシステムに任せておける注文方法が自動売買です。

この自動注文さえマスターしておけば、日中に株価とにらめっこしていなくても、自分の希望の売買ができます。

いったん注文さえ出しておけば、ある程度の期間(おおよそ一か月程度)は有効です。毎日リセットされるわけではありませんので、注文を一度だしておけばそのまましばらくは放置できます。

つまり、毎日毎日、株価をチェックしなくてもよいのです。

株はモニターの前に張り付いて売ったり買ったりしなきゃいけないイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それは、デイトレーダーと呼ばれる、一日の間で短期的に何度も株を売買する人です。

デイトレードは、普通にお仕事をされている人には不向きな投資方法なのであまりおススメできません。

もう少しのんびりとした売買でも十分に利益は取れます。

売買にかかる時間はそれほど気にしなくてもいいでしょう。

株で稼ぐには銘柄選びの時間がポイント

株の売買より重要な時間は、売買する銘柄を選ぶ時間です。

これは人それぞれ違うのでなんとも言えませんが、いろんな人に聞いてみると、だいたい銘柄選びにかけている時間は、平均すると30分前後くらいな気がします。

銘柄選びといっても、さあ今から選ぶぞ!とかしこまってするものではなく、なんとなく証券会社のサイトをチェックしたり、四季報をパラパラとめくったり。新聞を読んだりといったザックリとしたもで、いわば銘柄を選ぶための情報収集です。

改まってそのための時間を取らなくても、スキマ時間でも銘柄選びは可能です。
情報番組を見るとか、それも銘柄選びのための重要な時間です。

仕事の時間、移動の時間、子育ての時間、遊びの時間、それもすべて良い銘柄を見つけるためのヒントを得るために時間といえます。

つまり、どんなに毎日が忙しい人でも、その忙しさの中から何かしらの情報を得ることができるはずなのです。

投資のヒントを見つけるためにアンテナを立てて毎日を過ごしていれば、そのための時間を改めて取る必要はありません。

それよりも、「時間がない」を言い訳に、株をやらないなんてもったいないのです。