株式投資とは何かをもっと知ろう

「株」とは株主が出資した証拠のこと


日々の経済ニュースで必ずと言っていいほどコメントされるその日の株式市況情報。

株価が上がったり下がったりするたび、経済への影響に言及されますが、そもそもいったい「株」とはなにか?株で稼ぐ方法を学ぶ前に、改めてその根本を理解し直しましょう。

ひとことで言えば「株」とは、「わたしはあの会社にお金を出しました」という証拠です。

たとえば、あなたが新しく仕事を始めるとします。
あなたが大金持ちでなければ、仕事を始める資金を外部から用意しなければなりません。

そんなとき、「株」という仕組みが手段として出てくるのです。

いろいろな人からお金を出してもらい、その証拠にお金を出してくれた人に渡すのが「株」です。

集めたお金を使って仕事をして、その儲けが出たら出資者に“分け前”を払います。
これが株式投資の「配当」です。

株主あっての株式会社


株を出資者に発行して集めた資金で始める会社のことを「株式会社」といい、お金を出してくれた人は「株主」と呼ばれます。

株主あっての株式会社です。「株主」が一番偉いので、会社は年に一回、株主総会を開いて株主にこれまでの経営の結果と今後の経営方針を説明し、了解をもらう必要があります。

株主は、株を持っている会社の経営がうまくいくと、毎年、経営の成果である配当を受け取れます。

株を持っているだけでお金が入ってくるわけですから、その株がわたしも欲しいと思う人も当然出てきます。「わたしもその儲けに一口乗りたい」ということです。

そこで、株の売り買いが始まります。そして株を売り買いする場所が前回紹介した「株式市場(証券取引所)」です。

株を買うとはその会社を応援することでもある


ところで、日本では株というと、お金を儲ける手段であるというイメージが先行してしまっていますが、実はそれだけではないのです。

株を買うことは、その会社の経営を応援することであり、ひいては経済活動により参加するということでもあります。

それだけに、株主総会では株主が積極的に経営者に意見や質問をぶつけています。

アメリカなどでは株式投資に意欲が高いのは、小学生のころからこうした株に関する教育がなされているためです。この点は、日本では考えられないことですね。

株価が下がると景気が悪くなるワケ


株価の数字は、毎日のニュースになります。

「株価は景気のバロメーター」ともいわれています。ニュースでも毎日必ず発表される日経平均株価やTOPIXは良い例でしょう。

株価が上がると景気が上がるのではないかと見られ、株価が下がると、景気が悪化するのではないかと考えられているからです。

それはなぜなのでしょうか?

株価が上がれば、株を持っている会社や個人が儲かります。

儲けたお金で企業が設備投資や人員増加の投資をしたり、個人が高級自動車や住宅を買ったりすれば、いろいろな商品が売れるようになって、全体の景気がよくなっていきます。

逆に株価が下がれば、これとは反対のことが起こるわけです。
景気が良くなれば、商品が売れ、会社の業績が上がっていきます。

株を売買する人たちは、常に「どんな株が値上がりするだろう?」と業績のよい会社を探していますから、「あの会社は業績がイイ、今後はますます上がっていきそうだ」という情報をつかめば、その会社の株を買います。

株を買う人が多ければ、需要と供給の関係で、株の値段は上がっていきます。

多くの投資家が「値上がりする前に株を買っておこう」という行動に出て、結果として株価は値上がりしていきます。

こうした企業が日本全体でいくつもあれば、株式市場や全体の平均株価も上昇します。
「株価が上がるから景気が良くなる」と言えるのと同時に、「景気が良くなるから株価が上がる」という対の構造にもなっているのです。