株はよく知っている銘柄・業種から選ぶ

株はよく知っている銘柄を選ぶ


いつのどの時期でも、ネットや新聞などのメディアで「これから上がる銘柄」、「今が買いの銘柄」、「お得銘柄」といったオススメの銘柄・情報はあふれています。

その中には確かにお得で、いま仕込んでいれば株価の上昇が期待できて、稼げる銘柄の情報もあると思います。

それらの銘柄は、経験豊富な、株の専門家である投資顧問や有名投資家、アナリストが実際に調べて検討したものなので、有用なものも確かにあります。


しかし、どんな銘柄でも、勧めている人が実績のある人・有名な人だったら大丈夫かというとそんなことはありません。

株に絶対はありません。
いくら、有名な投資家が太鼓判を押した銘柄でも、その未来は誰にも読めません。

稼げる株は自分の得意な分野から選ぶ


ここで言いたいことは、オススメされている情報を信じるなということではありません。

そうではなく、株を選ぶ時はよく吟味をして、慎重に選択するということです。
そして、どんな業種でもおトク・有望だから選ぶのではく、「自分がその分野をよく知っている」銘柄・業種を選ぶのです。

どんなに有望な株でも、その企業・業界のことを知らなければどんなにすごい技術やサービスの発表があってもその凄さはわかりません。
ということは、そのニュースがどれくらい株価に影響をあたえるかもわからないのです。
悪いニュースに関しても同じです。


株には株価の上がる時期やクセがある

また、時期や季節などで売れ行きがガラッと変わる商品を扱う企業なら、どの時期に株価が上がって、どの時期に下がりやすいのかもわからずに、株価の動向に不安になってしまうでしょう。

一方、知っている、得意な分野の企業・業種なら関連ニュースのインパクトも、売れ行きなどの時期や傾向も把握しやすいです。
それがわかっていれば、日々の情報の把握とともに、株価の値下がりなどにも落ち着いて対応できるでしょう。


株は基本的に一定の期間を保有するものです。
ですから、自分がその企業についてよく知っていることが、株を買うときだけでなく、買った後でもとても重要なのです。

投資家なら誰でも知っている投資の神さま、ウォーレン・バフェットも、「よく知らない株に手を出さないこと」を鉄則としています。