「買い銭」と「売り銭」で株の買い時を測る

株の「買い銭」と「売り銭」とは


「買い銭」「売り銭」は株の信用取引で使われる用語です。

信用取引というと、少しリスキーな感じを受けるかも知れませんが、ある程度株に慣れてくれば、信用取引は大きく稼ぐ有効な手段になります。

「買い銭」とは信用取引で買い付けた株式銘柄が、まざ決済されずに残っている状態のことです。「売り銭」とは、信用売りされたまま株が決済されずに残っている状態です。

買い銭が多いと将来の売り圧力となり、売り銭が多いと将来の買い圧力になります。

信用取引で株価が動く


株式投資では、「買い銭」と「売り銭」がどれだけ積み上がっているかもチェックしたいところです。

さっき話したように、「買い銭」「売り銭」とはいずれも、株の信用取引において出てくるものです。

信用取引とは、自分が持つ資金以上の取引ができる制度で、たとえば100万円の資金を担保に、300万円の取引を行うことをいいます。

信用取引の一つの特徴として、「売り」から入ることも可能ということがあります。

通常の株取引(現物株売買)では、値上がりしそうな株を買ってから、その後に売りに出します。そして値上がった分の利益を狙います。

しかし、「信用売り」(=空売り)は、将来、株価が下がると予測していきます。

信用売りの手順としては、株を証券会社に借り、その株を売ります。
そして一定期間内に買い戻し、証券会社に返すのです。

株価が下がれば下がるほど、利益が出る仕組みです。

悪材料がないのに株価が下がるワケ


信用取引では、期限内(六ヶ月)に反対売買を行わなければなりません。
もし、信用買いを行っていれば、原則、六ヶ月いないに株を売ります。

そこで、買い銭が積み上がっていれば、近い将来に、売りに参加する勢力となり、この力が強くなれば相場は下落します。

反対に、売り銭が増えている場合は、買いに参加する勢力となり、この力が強まれば相場は上昇します。

「買い銭」「売り銭」がどれだけ積み上がっているかは、証券会社のホームページで確認することができます。

特に株価が急上昇したときは、「買い銭」が積み上がっているケースが多くなります。

しかしその後、株価が調整局面を迎え、信用買いしたときの高値を上回ることなく株価が推移すると、信用買いした投資家は売るチャンスがなく、決算の期限(六ヶ月)を迎えてしまいます。

期限が近づくと、資金に余裕がない投資家は、損を覚悟で投げ売りしなければなりません。
そのため、高値をつけてから半年後、つまり信用取引を行ったあと反対売買(=決済)をしなければならない期限が近づくと、出来高が増え、株価が乱高下することがあります。

この過程で悪材料が特にないのに急落する局面は買い場といえます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。