株のキャッシュフローは営業がプラス、財務がマイナスが理想

株のキャッシュフローの見方


企業の決算書には営業・投資・財務の3つの面でのお金の流れを示す項目があります。
それをキャッシュ・フロー(CFと略される)と言います。

キャッシュ・フローとは英語にすると「お金の流れ」という意味です。
キャッシュフローは、財務体質を見る上での基本となり、危ない銘柄を避けるためにもとても重要な項目です。どの項目も、異常な数字になっていないかチェックが必要です。

キャッシュ・フローの数字は業務にもよりますが、家計に置き換えるとお給料(営業CF)の中から、生活費(投資CF)を出して、残ったお金でローンの返済(財務CF)もできているというのが理想の状態です。

それでは、3つのキャッシュフローを個別に見ていきましょう。

株の営業CF・投資CF・財務CFとは


営業CF(家計の給料)はその会社の営業活動によって実際に稼いだお金です。

営業CFがマイナスだと普通は赤字ということですが、金融関係などお金を貸すことが営業活動になる会社は、営業CFがマイナスになるため、企業によって見方には注意が必要です。

営業CFは家計で言うと家に入ってくるお給料なので、基本的にはプラスであることが大事です。

投資CF(家計の生活費)は、会社の設備投資や企業買収など投資活動によるお金の流れのことを指します。

成績好調だから人員増大や営業拡大で店舗を一気に増やしたり、工場を新設する、機器のメンテナンス、消費者への宣伝活動など、積極的な投資活動をするとキャッシュフローはマイナスになります。

家計で例えると生活費の出費に当たり、通常はマイナスとなります。

財務CFは、銀行などからの借入金や配当の支払いなどに対するお金の流れを表したものです。
順調に借金を返済していればマイナスになります。反対に借入金が増えるとプラスになります。

これは、家計に例えるとローンの返済で、財布から出ていくお金なので通常はマイナスになります。

株のキャッシュフローは営業がプラス、財務がマイナスが理想

 
ファンダメンタル分析でキャッシュフローを見るときは、営業成績を示す営業CFがプラス、借金の返済を示す、財務CFがマイナスであることが理想的な状態です。

投資CFはその年によってどの程度の投資活動をしたのかにもよるので、ほかの数字もチェックしていくことが必要です。ただし、上記のように銀行などの金融系企業はお金を扱う仕事なので、営業CFがマイナスになることもあるので注意が必要です。

小売業やサービスなどのモノやサービスを売る企業では、通常の見方をしていけばよいでしょう。

いずれも数字のプラスマイナスだけで安心せず、その内約も同時に見ていけるとよりファンダメンタル分析の精度も高まります。

まずは、基本的な見方をしっかり覚えていきましょう。