株のキャッシュフローは営業CFプラス、財務CFマイナスが理想

株のキャッシュフローの見方が稼ぐカギ


企業の決算書には営業・投資・財務の3つの面でお金の流れを示す項目があります。
それをキャッシュ・フロー(英語でCash Flow CFと略される)と言います。

キャッシュ・フローとは英語にするとそのまま「お金の流れ」という意味です。
キャッシュフローは、企業の財務体質を見る上での基本となり、投資選択において危ない銘柄を避けるためにもとても重要な項目です。営業・財務・投資、どの項目も、異常な数字になっていないかチェックが必要です。

ちなみに「キャッシュ」とは、手もとの現金のほか、普通預金、当座預金などのことです。
日本でも「キャッシュ(現金)で払う」とかATMでお金(現金)を借りることを意味する「キャッシング」とか、ビジネス用語で「キャッシュポイント(利益の出るところ)」とか、いろんなところで使われますね。

さて、企業活動を行うと、当然のことながらお金の出入りが発生します。商売をするために商品を仕入れると、仕入れ代金の支払いが必要になります。仕入れた商品を売るために人を雇うと人件費が発生します。仕入れた商品を販売して、販売代金をいただくと企業にお金が入ります。その他には事務所の家賃や運転資金として水道光熱費の支払いも必要となってきます。

企業にお金が入ってくることを「キャッシュイン」、と言い、企業からお金が出ていくことを「キャッシュアウト」と言います。キャッシュインからキャッシュアウトを差し引いた収支がキャッシュフローです。つまり、「キャッシュフロー」とは現金の出入りのことを指します。

キャッシュ・フローの数字は業務にもよりますが、キャッシュフローを家計に置き換えるとお給料(営業CF)の中から、生活費(投資CF)を出して、残ったお金でローンの返済(財務CF)もできているというのが理想の状態です。

キャッシュフローの数値ががプラスのときは、企業のお金は増えています。キャッシュフローの数値がマイナスのときは、企業のお金は減っています。マイナスのときは「持ち出し」の状態で、手元にないということです。

企業の利益が赤字(つまりマイナス)でもすぐに倒産するわけではありませんが、企業からお金がなくなって、支払いができなくなると企業は倒産します。

だから、企業にお金がなくならないようにキャッシュフローをよく見て、どの面がプラスでどの面がマイナスか、またそれがどの程度なのかを把握しておくことが重要なのです。

それでは、営業・投資・財務3つのキャッシュフローを個別に詳しく見ていきましょう。

株の営業CF・投資CF・財務CFとは


営業CF(家計の給料)はその会社の営業活動によって実際に稼いだお金です。営業活動をして実際に稼いだお金、お父さんやお母さんが働いて得たお金です。

営業CFがマイナスだと普通は赤字ということですが、金融関係などお金を貸すこと自体が営業活動になる会社は、当然お金が流れていくことで結果として営業CFがマイナスになるため、キャッシュフローは企業によって見方に注意が必要です。営業CFがマイナスだからといって必ずしも悪いわけではないのです。

とは言いつつ、営業CFは家計で言うと家に入ってくるお給料なので、基本的にはプラスであることが大事です。

投資CF(家計の生活費)は、会社の設備投資や企業買収など投資活動によるお金の流れのことを指します。

成績が好調だから人をたくさん雇って人員を増大したり、営業拡大で資金を投じて店舗を一気に増やしたり、製造業であれば工場を新設して生産量を増やしたり、機器のメンテナンスやグレードアップ、チラシや広告、テレビやラジオ、ネット広告など消費者への宣伝活動など、積極的な投資活動をすると投資キャッシュフローはマイナスになります。それだけお金を使ったということですね。

家計で例えると生活費の出費に当たり、通常はマイナスとなります。マイナスということは、それだけ投資活動をしているということです。

財務CFは、銀行などからの借入金や配当の支払いなどに対するお金の流れを表したものです。
順調に借金を返済していればマイナスになります。反対に借入金が増えるとプラスになります。これは、家計に例えるとローンの返済で、財布から出ていくお金なので通常はマイナスになります。

利益は出ているのにキャッシュフローがマイナスのことがある


会社のキャッシュフローには、利益が出ていてもキャッシュフローがマイナスになる場合があります。

たとえば、仕入代金を払ってから、販売代金をいただくまでに期間が長い場合です。
仕入代金100万円を支払った二か月後に、販売代金180万円が入金されるとします。
二か月間、企業は100万円を立て替えしている状態です。

このようなときに、商品の評判がよく売上が二倍になったとします。この企業は仕入代金200万円を支払った二か月後に、販売代金360万円を受け取ることになります。立て替えする代金が100万円から200万円に増えますので、キャッシュフローはマイナスになります。

このように仕入代金を払った後に売上代金が入金される企業で、売上が増加するとキャッシュフローはマイナスになります。ほかには、たくさん商品を仕入れたのに、一部しか売れなかったときもキャッシュフローはマイナスになります。たとえ、売上の総額は上がっていてもです。

実際のお金の流れが分かるキャッシュフロー計算書


キャッシュフロー計算書
というのは、「実際のお金の流れで会社の実態を表す財務表」です。

キャッシュフロー計算書には、営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)、投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)、財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)の3つに分けられます。(CF…キャッシュフロー)

これらの計算書を読み解くことで、お金がしっかりまわっているかどうかという倒産リスクを見極めたり、会計期間の始めと終わりでどれくらいお金の流れに変化があったのか?など読み取ることができ、会社のお金の状態が丸わかりになります。

前述のように、商品やサービスの提供とその売上代金の回収は同時とは限らず、時間差がかかる場合は多くあります。つまり、どんなに商品やサービスがたくさん売れて、多くの売上をあげても、その回収に長い時間がかかって手元のキャッシュ(現金)が増加しなければ、借入金を返済したり、商品の仕入代金を支払うためにまた資金を借り入れなくてはならず、会社の資金繰りは苦しくなります。

キャッシュフロー計算書からはこのような危険を読み取ることができるのです。これによって会社が営業活動でどのくらいの資金を獲得し、その資金をどのように使ったのかを読み取ることができます。

株のキャッシュフローは営業がプラス、財務がマイナスが理想

 
さて、最後にキャッシュフローについて大切なポイントをまとめて見ます。

・「キャッシュフロー」とは現金の出入りのこと。
・会計上の利益とキャッシュフローは必ずしも一致しない。
・利益が出ているのにキャッシュフローがマイナスになることもある。
・赤字でもすぐには倒産しないが、企業からお金がなくなって支払いができなくなると倒産の恐れがある。

だから、キャッシュフローの管理がとても重要なのです。ファンダメンタルズ分析でキャッシュフローを見るときは基本的に、営業成績を示す営業CFがプラス、借金の返済を示す、財務CFがマイナスであることが理想的な状態です。

投資CFはその年によってどの程度の投資活動をしたのかにもよるので、ほかの数字もチェックしていくことが必要です。ただし、上記のように銀行などの金融系企業はお金を扱う仕事なので、営業CFがマイナスになることもあるので注意が必要です。小売業やサービスなどのモノやサービスを売る企業では、通常の見方をしていけばよいでしょう。

いずれもキャッシュフローの数字のプラスマイナスだけで安心せず、その内約も同時に見ていけるとよりファンダメンタル分析の精度も高まります。

まずは、キャッシュフローの基本的な見方をしっかり覚えていきましょう。