株で稼ぐには自分の得意な業種・分野を知ること

株は自分の得意な業種・分野の銘柄で稼ぐ


株をやっている人なら誰もが知っている伝説の投資家ウォーレン・バフェット氏とならんでアメリカで尊敬されている投資家に、ピーター・リンチ氏がいます。

ファンドマネージャーとしてその辣腕をふるい、多くの米国投資家をリッチにしたのがピーター・リンチ氏で、彼もまたバフェット氏に勝るとも劣らない伝説の投資家として知られています。

彼もまた、バフェット氏と同じように、徹底的に投資の対象となる会社のことを調べ上げます。

インターネットがだれでもどこでも気軽に容易に、利用できるようになった今、投資対象のデータを徹底的に集めることは誰にでも可能です。

事業内容が自分で理解できる株を選ぶこと


そして、そこから銘柄を選んでいきますが、選ぶ視点がユニークなのです。

本社ビルや社長室が豪華な企業はNGが付き、美人秘書を何人もおいているようなところも投資の対象から外しています。

ピーター・リンチ氏は投資する会社について、

「事業内容が自分で理解できる企業に投資すれば、プロにも負けない」と明確に言っています。

事業内容に対する深い知識と情報があれば、その企業の将来性について予見がしやすくなり、実際に業績に反映される前に予測ができるからです。

企業の内容や業界について熟知しているのですから、当然その予見の精度は高くなります。

ピーター・リンチ氏はこうも言います。

「投資対象をあなたが得意とする分野の企業に絞りなさい。(株式市場に上場されいる多くの会社を)広く知るより、あなたが本当に得意な分野をいかによく知るかが重要だ」と。

あなたの得意な業種・分野の株を見つけるワーク


さてあなたがよく知っている、あるいは情報が多い分野、好きな分野・業種は何ですか?

あなたが普段よく利用しているモノやサービス、好きな商品のメーカーはどこですか?

それをもういちど改めてリストアップしてみましょう。
それが、あなたが株式投資をする上で得意な業種・分野となるはずです。