ファンダメンタルズ分析

株式投資は「美人投票」


「情報を鵜呑みにする」ことの失敗について前回の記事では書きました。

→前回記事はコチラ←

株式投資は「美人投票」とよく言われます。
株は自分だけが「この株は必ず稼げる」といくら強く思えても勝てません。


あなたが美人投票で強い期待や自信で意中の人に投票しても、多くの人が違う人に投票すれば違う人が当選してしまうのです。

株も同じです。多くの人が期待感を持ち、株価が上がるだろうと考えて株が買われて、株価が上がります。

そうした株をライバルが気づかないうちに、できるだけいち早くに見つけて、株価が安いうちに買うことが株で稼ぐ最大のコツです。

ファンダメンタルズ分析


株式市場において、多くの投資家が株を買いたいと思う会社というのは、客観的、多角的に、数字で分析して、ほかの会社に比べて、ファンダメンタルズに優れた会社です。

ファンダメンタル(fundamental)とは、英語で「基礎」、「基本」「基盤」という意味を表します。株の世界ではファンダメンタルは企業の状態や将来性などの指標になります。

自己資本が多い、借金が少ない、年間の利益成長率が高い、利益率が高いなど、株主還元率が高いなど、投資家にとって安定性があって、将来性もメリットもある。

そうした「基盤」、「安定性の」の良い会社を多くの投資家が探し、銘柄を選ぶのです。