株でSNSをうまく活用する方法

SNSの株情報はリスクもはらんでいる

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど今やSNSは人々の日常生活のなくてはならないものとなりつつあります。
読者もこれらのSNSをひとつはやっている方も多いと思います。
SNSで情報を発信する投資家も最近はだんだんと増えていますす。
特にフェイスブックやツイッターを利用するケースが多いです。

SNSはリアルタイムで情報が発信・更新されていき、情報が膨大な数の人にシェアされるので、強い拡散力があります。

株価が急騰・急落する理由が分からず、調べていくとSNSの書き込みが発端だったということもあります。

また、短期売買を好むネットトレーダーがSNSを閲覧しているようですが、そこに書かれている情報については真偽が定かではないケースも多いのです。

SNSの情報を全面的に信用すると大ケガをすることがあるので注意が必要です。

このリスクは一昔前の投資家にはあまりありませんでしたが、インターネットによる急速な情報量の増加と伝播スピードがこのようなリスクを増やしました。

また、この拡散性を利用して仕手などを仕掛けられるケースもあるので注意が必要です。

SNSを活用して株情報を集める


現在、政府や企業だけでなく、様々な個人がツイッターでアカウントを取得して、積極的に情報を発信しています。

日々の投資活動で、気になる企業や有名なトレーダーがアカウントを持っていたらフォローしてみましょう。こうすればいちいち情報を探さなくても、自動的に、それも最新の情報を得ることができます。

少し前では、トランプ大統領のツイッターが話題となりました。
トランプ大統領の発言は、為替や日本企業の株価に影響を与える可能性も大いにあります。

このような、「要人の発言」は要注意です。

ニュースで知るより早く情報を得られれば、株取引にや下ります。株取引では新しい情報を早く知ることが重要です。

また、ツイッターはニュース速報やニュース速報や適時開示情報などをタイムリーに得るのにも役立ちます。

フェースブックには、Facebookグループというコミュニティもあります。
その中には投資に関するグループもあり、日々トレーダーたちが気になる銘柄や相場について、情報や意見のやり取りもしています。

ここに参加して投資仲間を得たり、情報交換することも有益となります。
自分の相場観を客観的に見直したり、拡げたりすることにもつながるでしょう。

株情報収集に役立つアカウントを紹介


SNSで株の情報得るうえで気をつけるリスクや活用法について書きました。

最後に、株の情報集に役立つツイッターアカウントをいくつか紹介します。

ツイッターでタイムリーに株情報を得たい場合に参考になるでしょう。

会社四季報オンライン @shikihojp

新高値bot @NewHigh_bot
値上がりbot @Up10pct_bot
日経ヴェリタス @nikkei_veritas