株は「ガンガン」稼ぐか「じっくり」稼ぐかで投資手法が変わる

株式投資の基本は利益の追求


あなたが株式投資をする一番の目的は何でしょうか?それはやはり、利益の追求ですね。

その手法にはいくつかあり、それによって株の売買手順も、投資のスタイルも大きく変わります。そこで株を始める前に、まずはあなたがどういう手法で稼ぐのかを明確にしておくことが大切です。

株で稼ぐ利益は三つあります。

1、株の値上がり益(キャピタルゲイン)
2、配当金(インカムゲイン)
3、株主優待

株の投資期間が短期か長期かは狙う利益次第


投資の目的によって、株を保有する期間は異なります。

株価が下がったところで買い、上がったところで売る「値上がり益」を狙うなら、中・長期以外に短期で売買するケースもありますが、配当金や株主優待を目当てにした場合は、基本的には一年以上の長期で保有し、少しずつ利益を重ねます。

株を選ぶ基準も、基本的には同じ「収益性」「成長性」「健全性」のいい会社ですが、配当金狙いなら、より収益性が高く配当利回りのいい会社を、株主優待狙いなら、株主優待の内容が自分にとってお得かどうかをチェックする必要があります。

株主優待なら、今は専用の本も出ているのでそれを買うと候補を絞りやすいでしょう。

株主優待人気株は株価も安定しやすい


株主優待の人気株のもうひとつの利点は、その人気ゆえに、株価が下がりにくいことです。

たとえ、多少業績が少し低下しても、優待が魅力的なら手放す人も少なく、結果として売られにくくなり株価が下がりにくいのです。

株価の安定度と優待の内容、さらに会社の成長による株価の上昇もあるため、株主優待の良い株を持つのもよい選択の一つだと思います。