株式投資の信用取引とは

株式投資の信用取引を知っておく


株式投資は、初心者であれば現金で株式銘柄を売買し、その売却益、あるいは配当や、株主優待で株式投資の利益を稼ぎます。

株式銘柄を安値で買って、高くなったら売って売却益を得るのが株式投資で稼ぐ基本ですが、株価を下がる時期も多いのが事実です。

株価が下がることを予測して、株を高い時に売って、安くなった時に買い戻して、その差額を得るのが、「売り」による利益です。

これができれば、株価が上がるときは「買い」で利益を取り、下がるときは「売り」という、株価がどっちの動きをしても稼ぐチャンスにかえることができます。

ただし、「売り」は信用取引なので、新規で信用取引口座を作らなければならず、決済期限もあるというリスクがあります。

信用取引を使えば「売り」取引ができるだけでなく、投資資金が3倍まで追加で借りられるため、大きな武器となります。

今はまだやらなくとも、株式投資に熟練すれば是非とも身につけたい技術なので、信用取引についても基本を理解しておきましょう。

株式投資の信用取引のメリットとデメリット


現物株(現金で取引する銘柄)のトレードに慣れてきたら、信用取引を使っても大丈夫でしょう。

信用取引では、証券会社に一定の保証金(これを委託保証金といいます)を差し入れると、およそ3倍の金額まで資金が使えるようになります。

つまり、運用資金を100万円用意して、証券会社の信用取引口座にこのお金を入金すると、約300万円の資金が追加で使えるようになるのです。

これで、この場合は元の100万円プラス、300万円の合計400万円が使えるようになるのです。

このように、信用のメリットは自己資金が少なくても大きな額で投資できることです。

ただし、当然デメリットもあります。

それは信用取引の資金は証券会社から借りたお金で、決まった期間内に資金を返却しなければならないことです。

株式投資の信用取引こそ資金管理が重要


信用取引で購入した株に含み損が発生すると担保としての価値が目減りし、保証金の上乗せを求められます。これを追加保証金といいます。

追証(追加保証金の略)を避けるには、資金管理をしっかり守ることが大事です。

現物株の資金管理と同じく、資金全体のうち、実際に使うのは70%の資金までとします。つまり、現物プラス信用の枠が400万円なら、使う資金は7割の280万円までとするのです。
さらに信用取引だけで取引せず、現物70万円、信用取引210万円と分けてエントリーします。

これが、追証リスクを避けつつ、信用取引をうまく活用するコツです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。