ファンダメンタル分析①経常利益をチェック

経常利益とは


今日は、ファンダメンタル分析の「経常利益」のポイントについて話していきます。

すべての売り上げから、本業・企業活動にかかった経費(例えば人件費)を差し引いたのが営業利益であり、経常利益とは、この営業利益に財務活動などの、本業以外の損益を加えたものが経常利益となります。

ふたつの数字の見方の分け方として、企業そのものの営業活動の強さを見るときには営業利益を見て、財務活動などを加えて企業全体の強さを見るときには、経常利益を見ます。

「経常利益」で会社の実力を見る


ファンダメンタル分析で、とても重要となるのが経常利益です。

経常利益は本業の売り上げからコストを引いたもうけ(営業利益)と、その儲けを銀行に預けたときにつく利息など(営業外収益)、銀行からの借入金などに対する支払利息(営業外費用)などをひっくるめた数字です。

経常利益は、「当期純利益」と違い、臨時的な損益の影響を受けません。
その数字を見れば、会社の本業での儲けをストレートに読むことができます。

→当期純利益にある「臨時的な損益による影響」は前回記事を参照←


会社の業績を判断するときは、経常利益の推移を見て、前期より今期が増えているかという点に注目しましょう。

また、当期純利益と経常利益の違いを理解して、二つの指標と合わせてより細かい分析ができるようになりましょう。

経常利益はファンダメンタル分析で欠かせないポイントですが、当期純利益も重要な数字です。

大切なのは、その数字が示すことをしっかり理解できていることです。