稼げる株はROEと自己資本比率をチェックすること

株のROEは何を表している?


株のROEとはReturn On Equityの略語で、日本語に訳すと株主資本利益率のことです。ROEと書いてそのまま「アール・オー・イー」と読みます。 株主資本(=自己資本)に対して会社がどれだけ効率的に利益を上げているかを示す、企業の収益性を測るファンダメンタルズ分析の指標がROEです。

実は、ROEはBS(バランスシート、貸借対照表)の項目(株主資本)とPL(損益計算書)の項目(純利益)を通して収益性を測る数少ない指標の1つです。

ROEは高いほど集めた資本を効率的に利用した企業経営がなされていると言え、 株式投資において最も重要な指標の1つと言えます。

ROEは外国人投資家が特に注目する指標としても知られています。株価指数として比較的最近出てきた「JPX日経インデックス400」には銘柄選定の指標にROEが組み入れられています。ROEは日本ではもともとあまりなじみのなかった数値ですが、ここ数年で急速に認知されてきている指標です。

バランスシートと自己資本比率の関係


ところでみなさんは、会社の健康状態(財務状態)を把握する為の財務諸表について、しっかり理解できてますでしょうか?財務諸表のメインである財務三表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書)から、バランスシート(貸借対照表)とROEの関係を解説していきます。

バランスシート(B/S)は、企業の一定時点の財政状態を「資産」「負債」「純資産」から見ることができるものです。つまり、決算時(一定時点)、会社はどんな財産(資産)を持っていて、その財産の元になるお金(負債・純資産)はどうやって集めてきたかがわかるようになっています。それでは次に「資産」「負債」「純資産」それぞれについて解説します。

「資産」とは、会社が集めたお金をどのような状態で持っているのかを表すもので、これらの資産は1年以内に現金化することが出来る「流動資産」と長期にわたり会社が保有することになる「固定資産」とに分けられています。
貸借対照表の資産は、原則として現金化しやすいものから順番に並んでいますので、上の段に「流動資産」、下の段に「固定資産」が表示されています。

次に「負債」です。「負債」とは、返さなければならない会社のお金を表すもので、他人資本とも呼ばれます。負債も資産と同じように、1年以内に返さなければいけない「流動負債」と1年を超えて返さなければいけない「固定負債」とに分けられています。
貸借対照表の負債は、原則として返済、支払期日の早い順番に並んでいますので、上の段に「流動負債」、下の段に「固定負債」が表示されています。

最後に「純資産」とは?「純資産」とは、株主が会社に入れてくれた資金や利益の積み上げを表すもので、負債と違い返す必要のないお金で、自己資本とも言います。純資産がマイナスであれば債務超過の状態であり、倒産のリスクが高いと判断されます。
純資産は株主のお金が関係してくる「株主資本」とそれ以外の「株主資本以外」の2つに分けられます。


貸借対照表でわかる安全性の指標のひとつに、この記事のもうひとつのテーマである「自己資本比率」があります。自己資本比率とは会社の全財産のうち、返さなくていい資本(純資産)の比率がどれくらいあるのか、その比率を計算したもののことです。

自己資本比率が低いほど、他人資本の影響を受けやすい不安定な経営を行っている会社となり、自己資本比率が高いほど経営は安定し、倒産しにくい会社となります。
一般的に自己資本比率が40%以上なら倒産しにくい企業、50%以上なら超優良企業といえます。

そして稼げる株を探すときは、この自己資本比率とROE(株主資本利益率)の両方をチェックするのです。

ROE(株主資本利益率)の計算式は?


ROEの計算方法は純利益を株主資本(=自己資本)で割って求められます。
たとえば、純利益が2億円、株主資本が10億円であった場合、

計算式は

ROE=2億円(純利益)÷10億円(株主資本)×100%=20%

と計算できます。

ROEは株式投資に例えるとわかりやすくなります。

Aさんは株の売買で一年間に200万円稼ぎました。一方Bさんは120万円稼ぎました。
これが当期純利益に当たる部分です。

では2人が使ったお金(自己資本)比べてみましょう。

Aさんが使ったお金は2000万円でしたが、Bさんは200万円でした。
ROEを計算すると

Aさん:200万円(純利益)÷2000万円(株主資本)×100%=10%
Bさん:120万円(純利益)÷200万円(株主資本)×100%=60%

二人のROEはAさんは10%、Bさんは60%です。

これでどちらが効率よく稼いだかは明確になりますね。
正解はBさんです。

株価とROEの関係


ところでROEは PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)とも関係があり、実は下記のような計算式が成り立ちます。
・PER×ROE=PBR

この計算式はPER(株価/EPS)×ROE(EPS/BPS)=PBR(株価/BPS)と書くとわかりやすいかもしれません。

そして、この式を変形すると

・PER=PBR÷ROE

となります。この式からROEが高まるほどPERが低くなることがわかります。
つまり、ROEが上昇するとPERが低くなり、株価に上昇余地がでるわけなので、ROEが上昇すると株価が高くなりやすいということが言えるわけです。

ROEは10パーセント以上を目安にする


ROEは前述のように企業が株主資本を効率よく使って利益を上げているかどうかの指標となります。

たとえば、自分が1000万円を出資するとした時に、株主資本1億円で毎年3000万円の純利益を上げているA社(ROE=30%)と、同じく株主資本1億円で毎年500万円の純利益しか上げられていないB社(ROE=5%)のどちらに投資したいかと言えば、当然、株主資本を有効に儲けているA社だと思います。

このようにROEは高ければ高いほどよいですが、 一般的には10%以上であれば、その会社の自己資本に対する経営効率は高いと言えるでしょう。多くの上場企業は、ROEを8%以上に高める努力をしています。

ちなみに海外では米国のアップル社や中国のテンセント社といった長期で爆発的な上昇を遂げた銘柄は例外なく、このROEがズバ抜けて高水準でした。高いROEは成長株の必要条件と言えるでしょう。

また、ROEは毎年高くなっていくようなケースが好ましいです。ROEを上げるには同じ株主資本のまま、より大きな純利益を上げる方法と、自社株買いを行って株主資本を減らす方法があります。

↓自社株買いについての記事はこちらから↓

ROEを活用するときは自己資本比率もセットでチェックしよう


なお、ROEは高ければ高いほど良いと書きましたが注意すべきケースもあります。それは自己資本比率が非常に低い企業が、大量の借金を行って総資産を大きくして事業を展開しているケースです。

自己資本比率とは、資産のうち、純資産が占める割合を求めたものです。自己資本比率が高ければ高いほど借金が少なく安全と考えられます。もちろん、事業が上手く行っているうちはいいのですが、大量の借金を抱えていることは、事業が上手く行かなくなったときに資金繰りを圧迫します。

自己資本比率が低く、ROEが高い会社というのは、言ってみればカードローンでキャッシングしたお金で、株に投資しているのと同じです。儲かっても借金を返済してしまえばせっかくの利益も無くなってしまいます。

したがって、 高いROEの企業を選ぶ場合には自己資本比率もしっかりと確認し、同業他社とも比較してみましょう。高いROEでも自己資本比率が同業他社よりも異常に低ければ、投資は見送った方が良いかもしれません。