株式投資は“サプライズ”で上昇株を狙う

株式投資とサプライズニュース


PERが低い、すなわち投資家の評価の低い会社が、投資家をあっと驚かせるような良いニュースを出すと、それをきっかけにその会社の株価は一気に上昇トレンドにはいっていくことがあります。

このサプライズの瞬間をうまく捉えれば、株価の上昇前に買いを入れて、一気に株価が上がったところを売り抜ければ、大きな利益になります。

株式投資は劇的なサプライズニュースに注目する


株式投資をしていると、証券会社のさまざまなニュースを読むようになります。

たとえば「A社が業績見通しを上方修正した」「B社が新製品を発表した」「アナリストがC社の投資判断を格下げした」などのニュースが株式市場では毎日のように飛び交い、それらの影響を受けては株価は動きます。

株価の動きに影響を与える要因やできごとのことを「株価材料」とか単に「材料」といいます。そして、株価を上昇させると考えられるものは好材料、下落させると考えられるものは悪材料といいます。


また、材料の中でも特に、その株に対する投資形の認識をガラッと変えるような大きなものを、「サプライズ」といいます。日本語でそのまま、驚きのことですね。

投資家たちを驚かせる「サプライズ」がでると、買い手が急増し、出来高は一気に膨らみます。「サプライズが出て、出来高を膨らませて株価が上昇を開始しする」という動きは、上昇トレンドの初期によく見られる典型的なパターンです。

株式投資の「株価材料」の意味

株価材料とは、株価を動かす要因やできごと、またはそれらに関するニュースのことです。
株価を上昇させそうな材料を好材料、下落させそうな材料を悪材料といいます。

また、投資家のその会社への見方を一変させるような驚くような材料をサプライズといいます。

株式投資の低PERとサプライズは強力な上昇シグナル


サプライズニュースによって、「この会社ってこんなにスゴかったのか!!」と投資家が驚くには、もともとその銘柄に対する投資家の注目度や評価が低いことが前提となります。

もともとの注目度や評価が低ければ低いほど、良いニュースが出たときの驚きが増すのです。
では、注目度や評価が高いか低いかはどうすればわかるのでしょうか?

それは、PERを見ることです。


PERが低いということは、注目度や評価が低いということを示しています。
そして、低いPERの株に良いサプライズが出た時、株価は上昇トレンドに入っていく可能性があるわけです。

逆に、PERが高い(すなわち評価が高い)株に悪いサプライズが出たら…株価が下降トレンドに入っていくきっかけになる可能性が高くなります。

このように、PERとサプライズの2つに注目していくことで、株価が上昇トレンドに入る初期段階に乗ることができたり、株価が崩れ始めたところで逃げることもできるようになるのです。