金運を上げるにはお金に愛されること

株でお金を稼ぐためには金運も必要


株で大きくお金を稼ぐには、株で稼ぐための知識技術と経験が必要なのはいうまでもありません。

このブログでお伝えしているのはまさにそのことです。

しかし、株で稼ぐための知識・技術と経験があればお金を稼げるかというと実はそうではありません。もうひとつ、大事な要素があります。

それは、金運があることです。

スポーツでもビジネスでも恋愛でも運の要素は必ず入ってきます。
そしてどんな分野でも、成功している人はみなその点も満たしているといえます。

ブログでもすでに金運をあげる方法は紹介していますが、今回は「金運を上げるお金との付き合い方」を紹介します。そしてこれは、お金とのコミュニケーションとも言えます。

お金も人の言葉や感情を聞いている


あなたは、お金と単なる物質であると考えていますか?
お金がそれぞれ個性を持っていると聞いたら驚くでしょうか?

ある有名な占い師さん曰く、実はお金にはそれぞれ個性があるそうです。
同じお札でも一万円札、五千円札、千円札とそれぞれ性格が違うのです。

一万円札はいちばん気位が高く、そして千円札は「せん」、つまり宣伝、広告マンなのだそうです。

お金は、人が使ったり手放ししたりして、常にいろいろな人の財布やレジや、銀行やATMなどぐるぐると世の中を回っています。

そして行った先では様々な場所を巡ってきた別のお金たちと出会います。
そこでこんな会話をお金同士でします。

たとえばAさんが千円札をとてもぞんざいに扱ったとします。
そして千円札は他のお金にこう話します。

「おい聞いてくれよ、Aって人は俺たちにひどいことをして大切にしてくれない、折ったり汚したりしてもうイヤ。おれはあの人のところにはもう絶対行かない!」と。

それを聞いた五千円札や一万円札も「そんなにひどいのか。じゃあ俺もいくのやめよー」となります。

反対に千円札が「俺、あの人のところにもう一度帰りたいな。」と言ったら、ほかのお札も「え?どこどこ?」と食いついてきます。
「あの人は俺たちのことすごく大切にしてくれるよ」

お金は常に行き場所を求めていますから、俺も俺もとやってくるわけです。
こうしてお金はお金を大切にしてくれる人のもとに集まり、その人をお金持ちにしてくれるのです。

お金も意志を持っている


お金というものには「気」が宿っています。

お金には、人が強烈な念を込めますから「執着」という気がついてしまうのです。
そして、それはとても怖ろしいものです。

たとえばあなたが欲しい車があったとして、それが500万円なのに、ほとんど新品同様なのに、50万円という破格で売ってくれるといいます。

あなたは当然、なぜそんな安いのか聞くでしょう。

そして相手はこう答えます。実はその車は事故車で、前のオーナーはその事故で死んでしまった。けど、中身はほとんど新品ですと。

さて、あなたはこの車、買いたいですか?
いくら安くたって買いたくないですよね?

同じことがお金にも当てはまります。

あなたが手にしているお金はもしかしたら「このお金さえあれば」という非常に辛い、苦しい思いをした人が泣く泣く手放したお金かもしれません。それは誰にも分りません。

そんなふうに、僕たちの手元に来るまでに、どんなお金にもさまざまな気が宿っています。

だからこそ、お金にも意志が宿ります。どんなお金もいい財布に、いい人のもとに行きたいのです。

それゆえあなたがお金を大切にしてお金に愛されれば、金運は上がり、お金は自然と集まってくるのです。

お金に好かれることで金運は上がる


お金は自分たちを大切に扱ってくれる人に戻ってきます。

ですから、お金を払う時に心の中で、「気をつけてな」「できたらオレの元に帰って来てね」「いろんな人を幸せにしてね」と声をかけるようにします。

もしうっかりお札を汚したり折ったりしてしまったら、「あ、気づかなくてごめんね!」とちゃんと謝っておきます。

こうすれば、お金がどこかで他のお金に「あのAって人、レジでお金を払う時に“気をつけてね”とか“戻って来てね”なんて言ってくれたよ。これは戻っていきたくなるよね」となります

そうして一度出たお金が、再び帰って来るのを待てばよいのです。

財布というのは、常に流れていて、その時の居場所を求めて旅しているお金にとってホテルそのものです。

想像してみてください。

あなたがもしも旅行に行った先のホテルが一流で満足度が高かったら、きっともう一度行きたいと思うし、行く確率も高いでしょう。

逆にホテルが汚くて、料理もおいしくなくて、接客も最悪だったら、二度と行きたくはないでしょうし、きっと行かないでしょう。

お金も一緒です。あなたの財布が、お金の扱いが、金運を左右しているのです。