ストレッチで稼ぐ能力を底上げする

ストレッチで能力アップ


前回、金運を上げる気功法を二日連続でお伝えしました。
今回は、投資の成果を上げるためのセルフケアとして簡単なストレッチをお伝えします。

人の体には経絡という、気のエネルギーが流れる通路が全身にあります。この経絡の流れがスムーズだと気が全身に巡り、健康も保たれます。


逆に、滞っている箇所があるとそこの気が不足したり、気が汚れることで病気の元となってしまいます。

長時間同じ姿勢をしていたり、運動不足だと気の流れが滞り、様々な不調の原因になります。

そこにストレッチをすると、体の柔軟性も回復し、気の流れも改善することができます。
気の流れが回復すれば、疲れも取れやすくなります。

株式投資は身体が硬くなりやすい


株式投資はその性質上、長時間パソコンで画面を見たり、資料の本を読んだりといった、座った姿勢の作業がどうしても多くなります。

座った作業の姿勢・同じ姿勢が多くなると、筋肉の緊張にも偏りがでてきて、身体が硬くなるため、筋肉の柔軟性も下がります。
すると、全身の気の流れも滞るため、集中力も下がり作業効率も落ちてしまいます。


こういったとき、思い切って作業を中断して、軽いストレッチをしましょう。

軽いストレッチをして気の流れを回復すると、頭のほうにも気がしっかり循環し、集中力も回復します。

特にデスクワークは足のほうに気が溜まりやすく、頭の気が不足しがちです。

頭に気がしっかり流れると、集中力だけでなく投資家に必要な直観力・判断力も高まるため、ストレッチも積極的に行っていきましょう。

簡単で効果的なストレッチ法


ストレッチの時間的な目安は、30分区切りで5分くらいの定期的な軽いストレッチをするくらいです。

なぜ30分なのかというと、人間の集中力は実はそれほど長くは続かず、30分を切ると落ちると言われているからです。


ですから、作業がいいとこであっても、思い切って5分だけ時間を取ってストレッチをしてみましょう。すると、しなかったときに比べて作業効率も大きく違っていることが実感できると思います。

長い目で見れば、30分ごとに5分のストレッチを入れるだけで全体の効率と結果の底上げができるので、ぜひ取り入れてみてください。

株式投資は、投資技術だけでなく身体への投資も成果に直結します。