株はお金持ちでなくてもできる

株はお金持ちでないとできないという誤解


株をやろうとしたら大きな資金が必要で、一般人が簡単にできるものではない。

この思い込みで株を始められない人はたくさんいます。しかし、実際はそんなことは全然ありません。

50万円くらいあれば株は始められるし、最初に資金がなくても時間をかければそのくらいの資金なら貯められます。

今日は、そんな株についての誤解を解く話をしていきたいと思います。
そして、この記事を読んでひとりでも多くの人が株への一歩を踏み出せますように。

株はいくらあれば買えるのか?


「株はいくらくらいあれば買えるのか?」これはよく質問に挙がるものです。
株についての資金の問題は誰もが気になるところでしょう。

ひとむかし前は、一つの銘柄を買うのに最低でも100万円以上必要な場合も多く、たしかにある程度の金銭的余裕がないと株式投資は難しいと思われていました。

しかし、最近は株式マーケットの様子も変わり、低予算でも十分に投資ができる環境になっています。一般会社員でも、十分に株式投資はできます。

これは本当に有難いことです。

現在、上場している日本株の株価は、ざっくり1株100円から1万円までの間に収まっているものがほとんどです。

1株だけなら1万円あればだいたいの銘柄が買えますが、残念ながら通常は
1株単位では買うことができません。これは、何株から買えるかというのが銘柄ごとに決められているからです。

その数を専門用語で“単位株数”とか“単元株数”と言います。
単位株数は100株は1000株の二種類しかありません。つまり、株をバラで買うことはできなくて、セットでしか買えないということです。

たとえば、ある会社の株価が1株1000円で単位株数が100株である場合、

1000円×100株=100000円

この株は10万円から買えるということになります。

株価が同じ1000円の株でも、その株の単位株数が1000株であれば、

1000円×1000株=1000000円

この株を買うために必要な資金は、最低でも100万円からということになります。

今後さらに株は始めやすくなる


上記の例を見て必要なお金が100万円!と思うと、そんなのお金持ちでないとムリ!と思いたくなるところですが、実は単位株数が1000株の企業は上場している3500社のうち約250社しかありません。

それは全体のわずか7%です。そして、その割合は今後もどんどんと減っていく予定です。

というのも、全国の証券取引所では2018年10月までに上場全社の単位株数を100株に統一することになっています。

これは、最低購入価格をもっと引き下げて、もっとたくさんの人に株を買って、株主になってもらいたいという取引所の意向と思います。

そして現在、100万円以上ないと買えない株は3500社中たったの数十社、全体の1~2%程度しかありません。

これを考えると、大金がないと株が買えないというのは、今はもう、全くの誤解なのです。
どうでしょう?これで、株を始める株はだいぶ下がったのではないでしょうか?

この条件下なら、50万円くらいあれば株は始めることもできます。ぜひ、今から挑戦してみてください。