コツコツと株を続けることこそ稼ぐ近道

株で稼げる人は“コツコツ投資型”の人だ


書店の投資コーナーに行けば、株式投資の本はたくさんあります。株式投資・債券・投資信託・不動産・REIT・ETF・先物・FXなど、今はちょっとした投資ブームでもあるので、新しい投資本もたくさん出ています。

そして、それらの本のタイトルを眺めてみると、「2年で◯円稼ぐ投資法」とか「ゼロから◯円稼いだ投資法」、「始めて△ヵ月で○○万円稼げる投資法」など、短期間で大儲けする派手なタイトルの本が目立ちます。

株で1億円以上の資産を築いた人を“億り人”と呼びますが、そういった“億り人”の華やかな投資法を紹介する本が人気を集めているようです。

その一方でコツコツ株で稼ぐ、コツコツと行動を積み重ねて投資の成果を積み重ねていく、そんなスタイルの投資本もあるにはあるのですが、前者に比べれば圧倒的に少ないのです。

タイトルだけを見れば、1億円以上の利益を株で出すのは「誰にでも」「かんたんに」できるような印象を受けますが、実際にその通りに実践できるかというとなかなかできないでしょう。

それができているなら、今頃多くの人が“億り人”となり、投資の本だってそれほど増えてないかもしれません。

先日知人が、ある著名な億トレーダーの「10倍株投資術」をうたったセミナーに参加しました。

知人の話を聞くと、90分のセミナーで繰り返し言われたことは「初動で買って、暴落前に利確すべし」ということだそうです。初動というのは、暴騰(株価が短期間で急激に上がること)したら必ず暴落(株価が短期間に急激に下がること)も訪れるので、その前に株を売り抜けろというのです。

その方は「初動で100万円、バンと突っ込んで株を大量に買い、株価が数倍に上がったところですぐに売る。それを何回か繰り返せばすぐに1億円になる」と言います。

理屈で言えば確かにその通りなのですが、上場している日本株3500銘柄の中から、10倍に上がる銘柄を瞬時に判断し、しかも躊躇なく大金を投じるのはなかなかハードルが高いです。

「このトレード法は、学歴も性別も経験もまったく関係ありません。誰にでも利益を出すことができます」とおっしゃるご本人は、日本のトップ大学の出身で、その後の経歴も華やかなもの。頭のキレが人並み以上に良いことは明白です。

このように派手なタイトルをうたった投資法は、概ね“その人だからできた”あるいは、“その相場だから通用した”ということがほとんどです。

経歴に関しては特に、ほとんどの人が高学歴だったり、会社経営者だったりして“誰にでも”が当てはまりません。そしてこうした本を書く人は大抵、一度失敗して大きな借金を抱えたりしても、持ち前の頭脳と判断力・それまでに培った自信で、再び復活しています。

こうした方の例を皆さんも一度はテレビなどで目にしていると思います。こう考えると、そうした「誰にでも稼げる投資法」は、本当に誰にでも再現できるかというと、おそらく大抵の人が失敗すると思います。

それでは、私たちのような普通の人がどうすれば株で稼げるのか。それこそコツコツと株を続ける人たちなのです。

コツコツと株を続け、コツコツと株の経験を積み、そしてコツコツと成果と経験を上げていく。これこそが稼ぐための近道なのです。

投資相場は刻々と変わる。だから株はコツコツとやる

前掲のような手法で、希望通り買った株の株価が高騰すればそれに越したことはありません。しかし、良くも悪くも現実の相場というものは常に変動するものです。

ところで話が少し逸れますが、よく株の世界で言われる「高騰」と「上昇」の言葉の意味の違いは知っていますか?ふたつは似ていますが、大きな違いがあります。これは大事なことなのでここで理解しておきましょう。

「上昇」は、相対的に今までより上がっていればすべて「上昇」となりますが、「高騰」は急に、甚だしく上昇することです。

たとえば株価なら,上昇と下降を繰り返しつつ,全体的には週に5%くらいずつ上がっているような場合、これは「上昇を続けている」と言うことになりますが,翌週突然30%価格上昇していれば株価が「高騰」していると言えるでしょう。ひとことで言い表すならば、今までのペースをはるかに超えた比率で急に上がるのが「高騰」ということです。

では、話を相場の話に戻します。

2008年のリーマン・ショックによって深刻なダメージが生じ、その後日本経済に、アベノミクスが到来しました。そして2015年には、ギリシャと中国それぞれの国における財政不安が世界経済に波及したギリシャショックが起こり、チャイナショックがありました。

さらに2016年には、イギリスがEUを離脱すると決定し、日経平均株価が1日でなんと1300円近くも暴落しました。

こうして見ればわかるように、とにかく株価は世界経済に反応して大きく変動していくものなのです。これを踏まえると、一発でドカンと大金を狙うよりも、コツコツと少しずつ投資をしていくほうがよほど確実で、再現性があり、一般向きで実現可能性があると思います。

にもかかわらず、多くの方が華やかな投資法に心を奪われ、一発勝負をしてはそれがかなわずに株を止めてしまいます。そして、「株なんかやったって稼げない」「株で勝てるのは才能や運がある人だけ」「株は資金力が最初からある人しか稼げない」などと、思ってしまうのです。

そうして、その一度の失敗体験で株で稼ぐことをあきらめてしまうと、その後に無限に存在する、大きく稼ぐチャンスは永遠にその人には閉ざされたままとなってしまいます。

それなら最初から地道にコツコツと株式投資の実力をつけ、自分の確かな経験と力で「自分の力で株でお金を稼げた」と思ってもらうほうが良いのです。

もし、一発勝負的な投資法で失敗してこのブログを読んでいる方がいらっしゃるならぜひ、もう一度、投資で稼ぐことにチャレンジしてみてください。

多くの投資家にくり返し投資のカタチを学ぶ


あなたには、株式投資の師匠と呼べるような人や投資のバイブルと言える本は持っていますか?

自分の実力を使って、自分の思考と根拠で株式投資を行うことが株式投資の上達とお金をたくさん稼ぐことへの王道であり、確実な道です。これは長い投資の歴史からみても確実にそうです。

最終的には自分の投資手法を確立し、その手法によって利益が安定して出せる方法を見出すことが最終ゴールです。

しかしそれまでは、自分にとってこれが最適な方法であると思えるものに到達するまでは、たくさんの投資手法、考え方に触れることがとても大切です。その対象は誰もが知る偉大な投資家だけでなく、自分の身近な投資仲間なども含みます。

そうして日々、多くの投資手法に触れていく中で、どんどん頭の中の知識や手法は蓄積されていき、潜在意識は自分に合った最適な投資法を勝手に編み出してくれます。

それまではできるだけ多くの教えに触れることが大事です。

安定して稼ぐには投資法を一貫すること


株で長期的に稼いでいくのに重要なことは、1年単位の短期的な目線ではなく、10年20年経過した時にきちんと成果が出せているか、資産が増えているか、長期目線で考えることです。

たとえば、コツコツと株を続けて20年が経って、資産がざっくりと10倍に増えていたら、十分に成功したといってよいのではないでしょうか?

そのために一番大切なことは、何度かブログでも書いていますが、投資の世界から退場しないことです。

短期間で派手に利益を得る投資法は、それだけ大きなリスクを取っているということにもなります。

予想もしないような暴落が起きる可能性は常にあります。もしもそのような暴落が起きた時には、取り返しのつかないダメージを受け、投資の世界から退場を予期なくされることもあります。

実際、インターネット企業の株価が急騰したいわゆるITバブルで稼いだ個人投資家が、ライブドアの粉飾疑惑事件を発端に起きた株価の大暴落(ライブドアショック)後、まったく姿を見せなくなったという話もあります。

わたしを含め、普通の人が投資で成果を出すためには、コツコツと真面目に投資に取り組むこと。それに尽きると思います。

そういう意味では、天才的なヒラメキを持つ方より、コツコツ派の真面目さんのほうが成果を出しやすいといえます。

わたしの投資経験から思うことですが、努力しても報われないことが多い世の中で、投資ほど努力に比例して成果が出るものはありません。

しかもその成果は、自分の資産となって帰って来るのです。

ノートを毎日几帳面に取ることができるとか、歴史を覚えるのが得意とか、本を年間で何百冊も読むとか、そういう地道な行為が得意な方こそが、その特技を存分に活かせる世界なのです。