株で稼ぐには、自分の投資スタイルを確立すること

株で稼ぐのに周りの動きを気にする人は多い


株の投資というのは、言ってみれば完全なる個人プレイです。
一方で、不動産投資はどうでしょう?不動産投資は一人で物件を売買することはできません。

買い手と売り手、仲介業者、司法書士、金融機関など、その過程で多くの人と関わり、その相手との相性によっても投資の成功率は変わってしまいます。

不動産投資をされている人の話を聞くこともありますが、やはり株式投資は気楽だなと感じます。

一人で稼げそうな銘柄を探し、買ったり売ったりすればよいので、株は完全に一人の世界ですが、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを覗くと、ほかの投資家の成果や情報を気にしている人が驚くほど多いのです。

ツイッターでも株クラスタと呼ばれる人がたくさんいて、そういう人たち同士が、他の投資家がどのような株を買って、どれくらいの結果を出しているか気にしている発言を結構目にします。

著名な投資家の株ブログを読んだり、SNSをフォローして、その人の売買動向をこまめにチェックしている人も割といるようです。

株で稼ぐ人のスタイルは人それぞれ


わたしも、株の書籍はいろいろと読みますが、他の投資家のブログやSNSに挙げられる個人的な投資成績や売買報告はほぼみません。

「その情報に興味がないから」と言ってしまうと味も素っ気も無くなりますが、投資スタイルが違う人の売買情報を見てもあまり参考にはならないというのが理由のひとつです。

株式投資のスタイルは人それぞれで、利益を出している人には、その人のしっかりとした投資スタイルが確立されています。

ただなんとなく売買しているだけでは、継続的に利益を出すことはできません。
もちろん、ある人にとってはうまくいく投資法も、別の人にとってはうまくいかないということはままあります。

ですから、投資の本は数えきれないほどあり、投資手法もその数だけあるのです。

株で稼ぐには、再現性と発展性の高い投資スタイルが必要


わたしがこのブログで公開している投資法やマインドなどは、これまでに自分が経験したこと、学んだことを総合した、再現性と発展性の高い投資スタイルです。

ただ、やはり株の経験を積んでいく上で、そこに自分なりのルールというものが付加されていく必要があります。

たとえば、損切りのルールなどは、絶対にこの方法が正しい!というものはありませんので、自分なりに実践の中で腑に落ちるポイントを見つけることになります。

それらの積み重ねで自分の投資スタイルを築いていくものなのです。

投資本の中には信用取引を使った手法も数多くあり、中には「信用取引を使いこなせてこそプロ!」という感じで書いているものもあります。

ですが、信用取引を否定するつもりは全くありませんが、わたし自身は必ずしも信用取引を使う必要はないと思います。

株で大事なのは利益を取ることなので、その方法は人によって違ってよいと考えます。

これから株式投資を始める人は、自分が真似しやすそうな投資スタイルを持つ人を見つけて、最初は真似から入るといいと思います。

そのうち、自分なりにアレンジした投資スタイルが確立できるはずです。

そうなってくるとますます株が楽しく、自分のライフスタイルの一部と感じられるほど、親密なものとなるでしょう。