株で稼げる人は潔く損切りする

株で失敗する人の重大な共通点


株で失敗して大きく損してしまった人たちには、重大な共通点があります。

それは、いわゆる「塩漬け株」を作ってしまうということです。
「塩漬け株」というのは、値下がりした状態のままダラダラと保有し続けている株のことをいいます。
↓「塩漬け株」関連の記事はコチラから↓

人間の心理としては、値上がりした株を売却することにはそれほど抵抗感はありません。
「もっと上がるかもしれないな、惜しいな、まだ売らずに持っとこう」という気持ちが起こるかも知れませんが、利益を確定することはそれほど、辛い作業ではないはずです。


それに対して、値下がりした株を売るということには、大きな、抵抗し難い抵抗感があります。
「もう少し我慢して持ち続けてたら株価は回復するのではないか」「せめて、買った値段まで戻ってきたら売りたい」などという心理が強く働くからです。

いずれもにしても、損を確定する(損切りをする)ということは辛いことです。

株の値下がりがどこまで続くのかは誰にもわからない


しかし、損切りできずに保有し続けて、下がったら株を塩漬けにしてしまうことを繰り返すと、最後はすべての資産が塩漬け株になってしまい、まったく身動きが取れなくなってしまいます。

ここでぜひぜひ肝に命じて欲しいことは、「株は一度下がり始めたら、どこまで下がり続けるか誰にもわからない」ということです。

特に、短期間で大きく上昇した株価が、下がり始めた場合は要注意です。

株は、ダメな株はすぐに損切りできる人が稼げる

株式投資ではやはり、ブームが加熱したきたとか、何か歯車が狂い始めた、目論見を外れてきたという場合には、ムキにならずに一度、保有株を売却して様子見をするといい、ということが実感できるでしょう。

それは、経験によって必ず実感できます。


株で稼ぎ、大きな資産が築ける人は「有望だと思った株は思い切って買い、ダメだと判断した株は損をしてでもスパッと売る」というようにメリハリのきいた人です。

ダメなら気持ちを切り替えてスパッと売り、次の銘柄にチャレンジする。
この成功者のイメージを、ぜひ心に焼き付けてください。