株式投資の買い注文の出し方

いくら株式投資の知識を知っていても株を買わなければ絵にかいた餅になってしまいます。そこで、今回は買い注文の出し方を知り、より実践に結び付けていきましょう。買い注文はとても簡単にできますが、入力ミスをして間違った売買注文をすることもあるので注意が必要です。

株を買うときは約定回数から流動性リスクをチェックする

株を買うときは、ファンダメンタル分析が優良であるだけではまだチェックが足りません。なぜなら、いくら良い株でも売買がでなければ、いざ売りたくても買い手がいないという危険があるからです。そこで、チェックしてほしい項目として、売買が活発かどうかを示す約定回数(ティック回数)というものがあります。

株式投資の本

株式投資の勉強をするのに最もおすすめするのはやはり書籍です。しかし、今は株式投資の本も数えきれないほどあり、どれを選べばいいかわからない人も多いかと思います。そこで、わたしが今も採用している本の選び方を紹介します。