株式投資で日常から優良銘柄を見つける方法

よい銘柄というのは実は、普段の日常生活を楽しみ、いま流行っているサービスや商品を知ることで見つられる確率が高まります。これは、“株の神様”として今でも尊敬されている伝説の投資家、ピーター・リンチが大切にしていることで、それは、今でもとても有効で大切な原則なのです。

株式投資の信用取引とは

信用取引はうまく活用すれば、現金資金が少なくても元金の約3倍まで追加で資金を借りることができるので大きな武器となります。ただし、信用取引は返済期限のリスクがあるため、現物取引と同じく資金管理をしっかり守ることが活用するコツです。

株式投資は「見直しルール」を決めて日々のチェックをする

株式投資をする上で大事なことは株価と株のニュースを、少しでもいいので毎日チェックすることです。そして、目標値に達したり、損切りのラインまで株価が下がったら売りを検討します。そのタイミングをうまくつかむにはやはり毎日のチェックが必要です。そして、必要以上に値動きに慌てないように“自分の見直しルール”を決めておくことがポイントです。

株の「45日ルール」の下落リスクを下げる

米国には投資家とヘッジファンド間で結ぶ45日ルールというものがあります。この45日ルールに合わせて、日本の市場にも下落リスクが生じるため、45日ルールが影響する時期を具体的に知っておく必要があります。またこの時期は、普段より安く優良銘柄を買えるチャンスも生じるため、積極的に仕込むチャンスでもあります。