株を買うときは約定回数から流動性リスクをチェックする

業績優良なだけで株式銘柄を買うのは危険


ファンダメンタルズ分析を行って、ROEや自己資本比率、借入金などの財務状況キャッシュフローや、純利益、経常利益、営業成績などが優良な銘柄で、企業の安全性や将来性が十分に見込まれれば、株を買ってもいいかというと実はまだ、買っていいかどうかの判断はしきれません。

それはなぜかというと、いくら業績も財務体質も良い企業でも、その企業が投資家に知られていなくて株の売買自体がほとんどされておらず、いざ株を買ったはいいけども、株価の値上がりや値下がり、あるいはやむを得ず急に現金が必要になって、いざ売って現金化したいと思ったときに買い手が付かなくて売れないという危険があるからです。

このような、自分の持っている株式が買い手がつかなくて売買できない、持ち株を動かしたくても動かすことのできないというリスクを株の流動性リスクといいます。

株というものは、その株を買いたい人や売りたい人がいて始めて買い値や売値となる株価がつき、売買することができます。株を買う人や売る人がいなければお金は1円も発生しません。

この株の大原則をまず忘れないようにしましょう。株の売買は買いたい人と売りたい人がいて、その需要が釣り合ったときはじめて成り立ちます。

さて、それではこのような株を売りたいときに売れないという流動性のリスクは、具体的にどのように生まれ、そして防げばよいでしょうか?

そのためにチェックしてほしい必須項目として、銘柄の売買が活発かどうかを示す約定回数(ティック回数とも呼ばれる)をチェックするという方法があります。

銘柄のティック回数(約定回数)とはなにか


先述のようにいくら会社の業績が良く、財務状態も申し分のない会社でも、その会社があまり知られていなくて投資家が売買していなければ、売買は成立しにくいと言えます。

株を発行している会社が全体でどれくらいあるのかご存知でしょうか?
株式市場にはおよそ3500銘柄の株がありますが、とても優良な会社だけどもその存在・価値を周囲に知られていない会社は山とあります。

そして、銘柄探しをしていれば、そんな掘り出し物を見つけることは珍しいことでもありません。しかしそこでこれは稼げると安易に飛びつかずに落ち着いて、株の流動性をチェックする必要があるのです。そのために見るのがティック回数という数値です。

銘柄選びの時に必ずチェックしてほしいのが、1日の約定回数(ティック回数)です。
約定回数とは一日に株が売買取引された回数のことで、これを約定回数と呼びます。

ちなみになぜティック回数と呼ばれるかというと、TICKという言葉は英語で値刻み、相場の刻み、呼値のことでを指します。ティックという言葉は、元々は時計の針が刻む音の「チックタックチックタック」のチックから来ているんです。

ティック回数の例を出しましょう。ある投資家が一回に1,000株の取引を約定しても、一回に1,000,000株の取引をしてもそれはティック回数としては同じ1ティック(一回の取引)となります。その投資家がどれだけ大量の株を売買しても、取引の回数としては一回です。

しかし、100株の売買を5人の投資家がそれぞれすれば、売買された取引量は500株でも、その日のティック回数は5回になります。


つまり、多くの人が取引をすればするほどティック回数(株取引された回数)が大きくなり、その株の売買は活発だと言えるのです。言い換えれば、多くの投資家にとって関心の高い銘柄ともいえます。

機関投資家などの大口投資家が参加するような大型株では、他の日と比較して出来高に対してティック回数が極端に少ない値を示す日では、大口投資家の売買が積極的であったと推測されます。

この場合、高額の出来高に対してティック回数が少ないことは、機関投資家が一回の取引で多くの株を売買したと考えられます。

出来高はその日の株の売買が成立した株数を示します。機関投資家が一度の取引で大量の株を売買すると、ティック回数(取引回数)は少なく、出来高(売買成立した株数)は大きくなります。

ですから、その日のティック回数が少なくて出来高が極端に大きな場合は機関投資家が売買している可能性が高いのです。

対して、一般的には大口投資家が参加する可能性の少ない小型株では、出来高とティック回数には時系列的に一定の類似性が見られます。

機関投資家のような大量の株の売買がないので、ティック回数と出来高には開きが少ないのです。逆に言えば、出来高とティック回数に類似性が見られる銘柄ほど、期間投資家が参入している可能性は薄いと言えます。

そして、たとえどんなに優良な企業でも約定回数が少ない銘柄は、買わないほうが賢明です。
それはなぜでしょうか?

売りたい時に売れる銘柄を選ぶのが大事


「今は約定回数が少ないけど、これは良い企業だからいつかはたくさんの投資家に知られて値上がりするだろう」と、その銘柄を購入して、数ヶ月〜年単位で長期保有する方法も確かにあります。

いつか、画期的な技術やサービスの展開によって業績が上がり「これはいい株だ」と投資家に気づかれて、買いが集中することで株価が急成長する銘柄は確かにもあります。

しかし、その会社がいつどのくらい値上がりするか、そもそも本当に値上がりするのかどうかは誰にもはわかりません。

ずっと持っていてもなかなか上がらずに、「いつまでたっても上がらないからもう売りたい」と思ったとき、売り注文を出しても、買いたい投資家がなければ成立しません。

逆に株価が下がってしまうこともあります。業績が振るわずに会社が倒産してしまうこともあります。倒産すれば、株は一円の価値もなくなります。

株価がどんどん下がってきても、会社が倒産しそうなときも、買い手がいなければいっこうに売ることはできずに、ただ状況が悪くなるのを指をくわえて見ているだけです。

そんな事態を避けるために、株を買うときは業績が良いだけでなく、「売る時に困らない株」すなわち流動性が高く買い手が多い株を選んでください。

そのために、ティック回数で具体的な株の流動性をチェックすることが大事なのです。

株を買うときにチェックする約定回数の目安


株を買う時はその株が活発に動いているか、流動性があるかをチェックすること、そしてそのためには約定回数をチェックすることが重要だと書きました。また、流動性のチェックがなぜ大事なのかもお話ししました。

では株の流動性リスクを避ける目安として、ティック回数はどのくらいあればいいでしょう。
結論として、1日の約定回数が50回以上あれば、まず間違いなく売買できるでしょう。

約定回数は、証券会社の取引画面で気になる銘柄の「約定回数」をチェックしましょう。

約定回数が50回以下の銘柄は、取引が閑散としていて、売りたい時に売れない可能性があり、優良企業でも即買いは見送りましょう。

そうはいっても見つけたら気になるますよね。そんな時は、買いの候補として株ノートなどに記録しておき、定期的に約定回数が増えていないかチェックしましょう。

約定回数は株の売買が成立した回数を数えたもので、売買された株数が多くても少なくても1回は1回としてカウントされます。

一方、出来高は売買が成立した株数を数えます。
出来高が多い銘柄の売買は活況とされますが、一回の売買でも株数が多ければ、出来高は増えてしまいます。

出来高だけをみて売買が活発と判断してしまうと痛い目に遭います。
売買自体が活発かどうかは必ず約定回数で判断しましょう。

誰もが知るような大企業に関しては、多くの投資家が売買に参加するため流動性リスクも低いです。

しかし小型株はその数も多く、中には無名でも優良な企業も多いので、買う時は必ず約定回数をチェックするクセを付けましょう。