「ひとつの銘柄に集中する」失敗パターン

卵は一つのかごに盛るな


投資の世界では、誰もが知る有名な格言があります。
それが「卵は一つのかごに盛るな」です。

いくら業績がよくて、株価も割安で、今が絶好の買い時だったとしても、持っている資金全部をつぎ込むことはこれまた危険です。

たくさんの卵を一個のかごに入れておくと、そのかごを万一落としたら全て割れてパーです。
しかしかごを分けておけば、落としたかご以外の卵は無事です。

株も同じです。いくら有望な株と思っても、ひと銘柄に資金を集中させると、その銘柄が万一にも値下がりした時は、損失が多大なものになってしまいます。そこで他の銘柄にも分散投資をして、ほかの銘柄にも資金を分散させれば、損失も小さくなります。有望な株があればこれチャンスと大きく投資したい気持ちはわかります。しかし、ここでもやはり長い目で見て、ぐっとこらえて待つことが必要です。
ここでも「待てる投資家が勝てる投資家」であることが試されます。

精神的にも分散投資が〇


大きく損をしないためには、銘柄の分散投資が鉄則です。

さらに、資金管理の記事でも書いたように、一つの銘柄に投資するときは、値下がりした時に買い増しする資金、さらに安全確保として「使わない予備資金」も割り振ると、より精神的に安心できます。

分散投資した時も株が下がるリスクはもちろんあります。

時には、一つの銘柄や分野だけでなく、市場全体が値下がりする局面だってあります。
市場全体の下げ局面は株をやっていれば必ず経験します。


そんなときに備えて、銘柄ひとつひとつに買い増し資金や予備資金を割り当てて置くのです。
こうすれば、損失も最小限に済ませるし、下がった時に買って、後で株価が上がれば平均取得単価も下げられます(ナンピン買い)

こうして、損失に対しても全体に効くリスクヘッジをしつつ、ナンピン買いチャンスにも備えるのです。

一つの銘柄に集中投資しないことだけでなく、複数銘柄に分散投資かつ、余裕資金を個別に振り分けること。

これが、分散投資をリスクヘッジとしても効率的な資金運用としても機能させるコツです。