根拠のない上昇銘柄は違法銘柄のキケンあり

危険な銘柄は株式市場にあふれている


日々、株をやっているといろんな銘柄を目にします。

その中にはもちろん優良な銘柄も数多くありますが、中にはアヤしい銘柄もあります。
株価の上がりそうな根拠が見当たらない、むしろ業績や財務体質が良くないのに、株価が上昇している銘柄は要注意です。

なぜならそれは、誰かの仕掛けた違法な銘柄である可能性があるからです。
それと知らずに手をだすと思わぬ大ケガをしてしまうことがあります。

株にはこんな違法行為もある


株というのは、投資家同士の「心理戦」の側面を持っています。

気をつけなければならないのは、なかには違法行為をしている投資家も存在するということです。

複数の投資家が手を組み、あるいは複数の証券口座とパソコンを使って、同一銘柄の株を売買し、株価を意図的に操作することもあります。

そこでターゲットとなるのは時価総額の小さい、わずかな取引で値動きが激しく動く「小型株」です。

時価総額の大きい「大型株」は、株価を動かすにも株価が高いために大量の資金や手間がかかり、あまり狙われません。

株の違法行為はなかなか見抜けない


株の出来高が増えるので、それを見た個人投資家が我も我もと取引に参入して株価が上昇します。その間に、株価操作を行った投資家は、あらかじめ、安値で買っていた株を売り抜けてしまいます。

一般投資家は「ひょっとしたら株の買い占めでも始まるのか」と期待して取引に参加するようですが、株価を動かす明確な「材料」がない場合は、出来高が不自然に急増した銘柄には近づかないのが賢明です。

どうしても気になるときは、ホームページなどで企業が発表するニュースや動向をチェックし、売買が活発になるような材料があるの確認しましょう。

人間の欲望は恐ろしいもので、「稼げるかも」と期待した途端に、少し気になることがあっても見てみないふりをすることは誰にでも起こり得ることです。

良さそうな銘柄でも、少しでも気になる点があればすぐに調べるクセをつけましょう。
株はけっしてカンやノリで稼げるものではありません。