株の流動性リスクを知る

株式投資に必要な資金の復習


さて、前回は株式投資を始めるにあたり、最初は資金として、50万円ぐらいあればよいのではないかという話をしました。

その理由としては、

株価の乱高下や倒産による損失を防ぐため、最初はある程度、成熟して安定性の高い企業の株を買うほうがよい。

ある程度成熟し、業績の安定している企業は、その分、株価がある程度高いものが多いため、予算に余裕があったほうがより選択肢も広くなる。

というものでした。

今日はその続き、前回書いた低位株との関連として

「ある程度流動性のある株を買う」ということを書きます。

流動性のある株は、ある程度投資家から認知されて、株価も高くなったものが多いです。
それゆえ、最初に投資できる資金はやはり余裕があったほうが有利です。

株の流動性とは


株の「流動性がある」とはどういうことを指すのでしょうか?

これは、株の売買がある程度しっかりと行われ、人から人へと株が買われたり売られたりする動きがあるということを意味します。

活発に売買がされて動きのある株を「流動性のある株」と、表現するわけです。
これらの程度は、出来高やティック回数という指標で見ることができます。

株に流動性がしっかりできる条件として、投資家に企業の存在が十分に認知されていること、そしてなおかつ買いたいと思われる要素があることです。

買いたい要素とは、企業の業績や将来性、あるいは少し前にお話した株主優待などです。

流動性のない株とは


では、逆に流動性のない株とはなんでしょうか?
それは株の売買が少ない、あるいは全くない株のことです。

売買が少ない理由は、ひとつは投資家からほとんど知られていないこと。もうひとつは、知られても買われない要素があるからです。

買われない要素とは例えば、何年も業績が悪い・出ていない、赤字が続いている、負債が多いなど、保有するリスクが高いということです。

そういった企業は知られても買われないので目立たず、結果として
投資家にもますます気づかれない状態に陥ります。

こういった業績が目立たなかったり、不安定だったりして、株価の低い株を低位株といい、低位株は流動性が低いものもたくさんあります。

株の流動性リスク


こうした流動性のほとんど、あるいはないに等しい株を買ってしまうとそれがわかっても、売り手が見つからずに保有し続けることになってしまいます。

売り手がつかないということは、株価が買値より下がって含み損が出てきてもそのままで、どんどん損失が広がってしまうことです。

もし倒産したら、価値はほぼゼロになります。倒産しそうだと分かっても売れない。流動性の低い株のリスクはこの点にあります。

ですから、株を買う時は流動性がある程度あるかどうかのチェックが必要です。
特に、低位株の場合は要注意です。