大暴落が起きたときの対処法

投資をしていれば暴落は避けられない

株式投資という性質上、株式市場の暴落とそれに伴うダメージを被ることは避けられません。小さな暴落はもちろんのこと、リーマン・ショックなど「100年に一度」と言われるような大暴落を経験することもけして珍しいことではありません。

特に数年あるいは、数十年単位の長期投資をしていれば大きな暴落に見舞われることは何度かあるでしょう。

しかし、そのたびに為す術もなくただただ見守るしかないのかというと、そうではありません。暴落には取れる対処もあるし、取るべき対処もあるし、むしろチャンスですらあるのです。

今日は、いざ暴落に遭ったときにどう行動すればよいか考えていきましょう。

チャイナ・ショックの大暴落

暴落で比較的直近で記憶に生々しいのは2015年8月に発生した「チャイナ・ショック」です。
チャイナショックは、「中国ショック(中国危機)」とも呼ばれ、中華人民共和国を震源とする、世界の金融市場に大きな影響(混乱)を及ぼした出来事の総称をいいます。

これは、2000年代以降、飛躍的な経済成長を遂げ、2010年に米国に次ぐ世界第二位の経済大国となった中国が、景気失速懸念や政策変更、シャドーバンキング問題などから人民元の急落や中国株の急落などを招き、それが世界各国の金融市場に伝播して、為替相場の急変や株式相場の急落などの混乱を招いた事象を指します。

2012年12月からスタートしたアベノミクスによって、日本株は勢いよく上昇しました。8000円台からスタートした日経平均株価は、2015年6月には20000円を超え、まさに破竹の勢いでした。このときに、ここぞとばかりにたくさん株を買った人もきっと多かったでしょう。

そんななかで、突如発生した2015年のチャイナ・ショック。中国経済の減速が世界経済にも波及するんじゃないかという懸念によって、日本だけでなく世界中が同時株安に見舞われました。世界中の投資家が弱気になったことで売りが加速し、この同時株安は起きたのです。

確かNYダウ(アメリカでいう日経平均株価のようなもの)は、1日で1000ドル以上も下げた日があったと記憶しています。

株の暴落はジェットコースターと同じ

冒頭で突如として起きた暴落と書きましたが、実は暴落というのは突如起こるものではありません。暴落が起こる条件というものがちゃんとあり、それは市場の暴騰なのです。

そもそも暴落とはどういう意味でしょうか?暴落は、経済全般やマーケット全般を対象とした用語で、相場(価格、値段)が急激に大きく下落することをいいます。これは、相場が下落している状態の時に使われ、また暴落とは反対(逆)に、相場が急激に大きく上昇することを「暴騰」と言います。

当たり前といえば当たり前ですが、株価でも成績でも飛行機の高度でも、下がるということは上がるという前提があってのことです。逆に上がるのも、下がることがあってこそです。

あなたが今、遊園地のジェットコースターに乗って、それが動き出したとイメージしてください。コースターはゴトゴトと急角度で空高く上がっていき、もうすぐてっぺんかな、まだかな、まだかな、ドキドキ…「きたーーーーーーーーーーーーっ!」となりますよね。

実は株の暴落という現象もこれと同じなんです。

暴落の前というのは、なんとなく投資家みんなが、そろそろ株価はてっぺんかな、いやいやまだまだ上がるかなと思っているところに、「きたーーーーーーーっ!一気に株価が下がったーーーーー!」となるワケです。

暴落が起きたときに最もやってはいけないこと

さて、株価がジェットコースターのように急降下して暴落を迎えてしまった場合は、あなたはどう行動すればよいのでしょうか?

もっとも避けて欲しいことを先に書きます。それは「なにも行動しない」ことです。

暴落の時期を乗り越えるときに一番難しいのは、それが一日だけなのか、数日間なのか、それとも数ヶ月、あるいはもっと長いのか、その最中は判断できないことです。そして何が一番の最善策なのかわからないことです。

長い株の歴史の中でも大きな暴落であるリーマン・ショックですら、最初はそんな大事に至るなんて株の専門家でも予想できませんでした。

たいていの暴落は、なにか大きな要因が一つだけあって起こるわけではありません。多くの人々のいろんな不安が膨張したところに現れたちょっとしたほころびが暴落へと成長していきます。

そこで取れる暴落対策として、原因がよくわからないけど大きく株価が下がったときは、とりあえず売りましょう。

なんでだろう?どうしよう?と考えたところで、下がっていく株は止められません。もちろん、ほんの一日だけ大きく下げて、その次の日はリバウンドで大きく上がることだってあります。

それを考えるとどうしても、「我慢して売らなければよかった」となりますが、それよりも下げ止まることなくズルズルと下降トレンドに入ったときのダメージの方がはるかに大きいのです。

チャイナ・ショックのときも、20000万円を超えていた日経平均株価は半年で14000円台まで落ち込みました。そこから一年半で2万円台を回復してきたので、そのままずっと待っていてもよかったことになりますが、待っている間がとてももったいないのです。

株で稼ぐチャンスは暴落のときにあり

意外かも知れませんが、株で大きく利益を取るチャンスは暴落のあとにあります。暴落のときは市場全体の株価が下がるため、実力があるよい企業の株も引きずられて下がってしまいます。

その下がったときこそ、普段は高い優良株をバーゲン価格で買うチャンスなのです。
バーゲン価格で買うことができれば、そのあと上昇したときに得られる利益は一段と高くなります。これは、株主優待だけで生活していることで有名な個人投資家である桐谷広人さんも同じことを言っています。

バーゲン価格で買うためには、その時点で現金を持ってなければなりません。
下がってきた株をそのまま持っていて、現金の余裕がなかったら買いたくても買えないのです。

そのときのためにも、下がってきたら早めに売り逃げをして株を現金化し、バーゲン価格を待つのがひとつの暴落時の有効策と考えます。

暴落後は、株を買うタイミングにも気をつけよう

暴落によってバーゲン価格で買うことは大変有効な戦略ですが、このとき気をつけたいのが、株を買うタイミングです。

どんどん下がってくると、そろそろ底値かなと思って早めに買ってしまいがちです。
しかし、ここで慌てないでください。

こういうときは、まるで底なし沼のようにズルズルと下がる傾向にあります。
下げ止まって、さらにそこから株価上昇のサインが出てから買うのが鉄則です。

待つというのはなかなかに辛いものですが、チャンスを活かせるかどうかはここにかかっています。そこまでは慌てずにじっくりと待ちましょう。