稼げる投資家になるために守るリスク管理9ポイント

株の富や成功は徹底したリスク管理の上で成り立つ


このブログでくり返し何度もお伝えしていることとして、株のリスク管理があります。

株式投資で大きな利益を出し、なおかつ安定して稼ぎ続けている投資家に共通することは、このリスク管理を徹底して守っていることです。

これは、わたしが今まで多くの本を読み、実際に稼いでいる人の姿を見て確信していることです。そしてわたしが自身で経験した成功や失敗からもこのことを痛感しています。

だからこそ、皆さんに知って欲しくてこのブログでもリスク管理の話はよくしているわけです。リスク管理なくして、大投資家にはなれません。

今回は、今までお話ししてきたリスク管理について総合して、9つにまとめて書いています。その中には今まで書いてこなかったことも含まれています。

自身の日々の投資を振り返りながら、参考にしてもらえればよいと思います。

株で稼ぐためのリスク管理9ポイント


1.投資で稼ぐためには、お金を稼ぐだけでなく、損することも考える
2.株式投資には勝ち負けの両方が必ずあると知っておく
3.自分がいくらまでの損失なら、許容できるかを決めておく
4.投資における一定の損失は、大きく長く稼ぐための必要経費だと心得る
5.失敗したら失敗した原因を考えて、同じくりかえしをしないように改善する
6.小さな暴落は年に一回、暴落は3年に一回、大暴落は7年に一回のペースで必ず来ると覚悟すること
7.大きなチャンスや不測の事態に備えて、余裕資金を常に貯めておくこと
8.投資が当たっても外れても、相場で勝てるようにすることが本当のリスク管理
9.親戚・同僚・知り合いが株を教えてくれと来たら、株の暴落が近いと思うこと

株のリスク管理はルールと心構えの両面とも必要


株で稼ぎ続けるためにひとつ、明確で具体的な投資ルールを守ること。

例えば「こうなったらこうする」、「資金は常に○○円はキープする」などの行動です。

ふたつめは投資の世界を生き残っていくためのメンタル面、心構えです。

例えば「株は自分が相場に合わせてもらうのではなく、自分が相場の流れに合わせるもの」、「株で稼ぐときは、損をすることも必ずあると覚悟すること」の2点があります。

この両面でのリスク管理がキチンと守られて、初めて安定してなおかつ、大きな利益を得ることができるのです。