株の証券口座とリスク管理

株で稼ぐには証券口座が必要不可欠


株式投資を始めるならまず、株を買うための証券口座が必要です。
株を買うには、現金やカードで直接買うことはできません。
証券会社に資金を入れて、その口座から売買代金をやり取りするからです。

ですからまずするべきことは、証券口座を開くところからスタートです。
しかし、証券口座を開くにもポイントがあるので注意が必要です。

実は、証券口座を開くことは株を買うという目的もありますが、それ以外にもとても大事な理由があります。

今回は、具体的に証券口座を選ぶ前に、お金の保管と証券口座のメリットについてお話します。

株の投資口座とペイオフの秘密

あなたは普段、大切なお金をどこに保管していますか?
まさか全額を銀行から下ろして、自宅や財布に現金として持っている人はいないと思います。

たいていの人は、自分が口座を持っている銀行に預け入れますよね。

わたしはというと、ある程度のお金は普通の銀行に入れて、残りの大部分は証券会社に入れています。なぜなら、銀行にお金を預けておくことは、実はそれ自体が一つのリスクでもあるからです。

そのリスクとは、「銀行の破たんとペイオフ制度」です。

わたしは、自分のお金はほとんどすべてを証券口座に移しています。それは、株を売買することもそうですが、ペイオフのリスクを避けるためでもあります。

ペイオフというのは、もし銀行が何らかの理由で破綻した場合に、預けていた元本1000万円とその利息しか保護されず、それ以上預金していたとしても、そのお金は払い戻されない可能性がある制度です。

一方で証券会社の場合、万一に証券会社が潰れたとしても、預けている資産は保護されます。なぜかというと、証券会社は法律によって会社の資産と顧客から預かっている資産は分別して管理しなくてはならないようになっているからです。

投資にとって銀行預金のメリットはあるか


銀行が高金利時代ならともかく、現代のような低金利時代ではお金はほぼ増えません。
となれば、銀行で預金するメリットは、自宅にはいった泥棒からお金を守るくらいしか思いつきません。

こうした現状を考えると正直に言って、普通預金でお金を保管するメリットはあまりありません。この点、どうもわたしたち日本人は、銀行を過大評価してしまいがちなのです。

このような観点から、お金はなるべく証券会社に保管しているほうが安全なのです。
いま、1000万円以上の銀行預金がある人ならなおのことです。