株の証券口座と確定申告

株と確定申告の免除


前回は証券口座と税金について、書きました。


特定口座について、今日も補足で書いていこうと思います。

多くの場合、証券口座を開く場合は、給与以外の所得について確定申告を自分でしなくてよい、特定口座・源泉ありというものを選びます。

しかし、実は株によって得た利益が1年間で20万円以内なら、確定申告も必要なく、税金も免除される特例が使えるという話でした。

今回はこの特例に関して、もう少し詳しく解説していきます。

株の確定申告を自分でするメリット


「確定申告が必要な形」を選ぶ人がいるのは、そうすることで受けられるメリットがあるからです。

前回書いたように、会社員で給与以外は所得がない場合には、株の売買益が20万円に達するまでは申告そのものが不要です。

源泉徴収なしを選んでいるので、源泉徴収も当然されず、そのおかげで20%分の税金を浮かすことができるのです。

これって、とっても大きな額です。
なにせ20万円分浮かすのですから。

株で利益を20万円を稼ぐのにも当然、株のリサーチや日々の銘柄ウォッチなど、いろんな手間やエネルギーがかかっているのですから。

株でどれくらい稼いでいるかで口座を選ぶ


ただ、利益が20万円を超えると自分で確定申告をしなければなりませんし、その場合、配偶者控除や社会保険の計算にも影響が出る可能性があります。

ですから、その点についてあまり知識がない人の場合は注意が必要です。

一方、特定口座(源泉あり)なら、どれだけ株で利益を出しても一切影響はありません。

サラリーマンで株の売買益がそれほど大きくないなら、特定口座(源泉なし)を選ぶということも選択肢の一つですね。

それ以外の人は特定口座(源泉なし)を選ぶと良いと思います。