ストップ安一覧

株はティック回数で流動性リスクをチェックする

株を買うときは、ファンダメンタル分析が優良であるだけではまだチェックが足りません。なぜなら、いくら良い株でも売買がでなければ、いざ売りたくても買い手がいないという危険があるからです。そこで、チェックしてほしい項目として、売買が活発かどうかを示す約定回数(ティック回数)というものがあります。