株価収益率一覧

PERで「倍」でなく「資金の回収年数」で評価するのがコツ

PERは株価収益率と訳されますが、PERが~倍と言われても、ピンとこない人が多いと思います、そこで、PERを「投資金額が何年で回収できるか」という目安として使えると非常にわかりやすく比較することができます。これが、PERで銘柄を比較していくコツです。また、PERは業種によっても平均が異なるため、注意が必要です。