PER一覧

株式投資ではPERが低すぎる銘柄もお買い得

PERが極端に低い銘柄でも、ファンダメンタル分析で優良な企業ならばそれはお買い得銘柄です。その銘柄は優良ではあるけれど、まだ周囲に気づかれていないので、PERが低いのです。PERは業績が順調で、周囲に知られていけば時間とともに上がっていきます。 こうした株を検討する場合は、ティック回数が50回以上あるかをチェックすることがとても重要です。

PERで「お買い得銘柄」をチェック!

PERは株価収益率と訳されますが、PERが~倍と言われても、ピンとこない人が多いと思います、そこで、PERを「その銘柄が、投資金額が何年で回収できるか」という目安として使えると非常にわかりやすく比較することができます。これが、PERで銘柄を比較していくコツです。